お問合せ
フィードバック
 
SICK Sensor Blog
SICK Sensor Blog

具体的で分かりやすいストーリーを読んで、その世界に入り込んで、Sensor Intelligenceを徹底的に理解。このブログに関する詳細

 

すべて表示 すべて非表示にする
検索を絞り込む

11 ヒット数:

ヒット件数 1 - 11 / 11

ドイツのディンゴルフィングにあるダイナミックセンターで行われているパイロットプロジェクトでは、入荷されてくる交換部品を、自動AutoBoxを使用して商品入庫エリアからピッキング倉庫に確実に移動しています。20平方メートル弱の積載面上に20個のメッシュパレットを載せて、最大総重量20トンまで搬送することができます。このパイロットプロジェクトの目的は、長い移動経路を自動化して、遠く離れた屋内箇所を接続できるようにすることにあります。... もっと読む
最新の生産現場では、人間とロボットの共同作業がより密接になっています。インダストリ4.0の時代に合った、フレキシブルなおかつ安全な自動化ソリューションを実現するには、防護柵の撤廃と、様々な場所で使用可能なロボットが必要です。スウェーデンのOpiFlexはそれに向けて、特許取得済みのソリューションを考案し、防護柵なしで、SICKの安全製品によって防護された大型産業用ロボットの移動型使用を実現しました。... もっと読む
有名なロボットスペシャリストであるUniversal RobotsとSICKは、センサソリューションをリードする企業として、協働ロボット向けに2つの革新的なアプリケーションを開発しました。  両社のそれぞれの強みを融合したこれらのアプリケーションでは、同じ作業空間での人間とロボットの共同作業が可能になります。そこでは、ロボットが反復動作と重い物品の持ち上げを担当する一方で、オペレータは安全な環境で自由に動き、難度の高い業務を行い、付加価値を生み出すことができます。  これについては、Universal... もっと読む
Continentalは、世界をリードする自動車サプライヤーの1つです。自動車産業において、車両モデルのモデル品種やバリエーション種類および派生製品が短い製品寿命サイクルで増加するに伴い、サプライヤのダイナミクスも高まっていきます。強固に相互リンクされた生産ラインでは、個々のステーションでの変更や障害は、ライン全体の産出量に深刻な影響を及ぼします。障害が大きければ大きいほど、補償はより困難になります。... もっと読む
Geberit Tubes Compositesのジヴィジエにある生産拠点では、搬送・特殊機器のスペシャリストであるFlück社が、SICKのセンサおよび制御技術を採用して巻取機・結束機を最新化しました。ミューティング機能付きのセーフティマルチビーム光電センサM4000、セーフティライトカーテンdeTec4、ならびにFlexi Softセーフティコントローラによって、最高レベルの機械安全性が保証されます。最新化されたプラントでは、距離センサDT50、光電センサWL14および磁気型シリンダセンサMZT8によって様々な検出タスクが行われます。... もっと読む
要件に応じて拡張でき、必要に応じて新しいタスクに合わせて装備変更もでき、新しい使用場所に配置できる移行可能な機械コンセプト - これはBachmann Engineering AGのBFM自動化システムの核となる理念です。安全技術に関する課題のソリューションはそれに応じて柔軟でなければなりません。SICKの安全ポートフォリオがそれを可能にします。     Flexi Softセーフティコントローラ、製品群miniTwin4のセーフティカーテン、セーフティレーザスキャナS300... もっと読む
若いデンマークの企業Mobile Industrial Robots (MiR) は、あらゆる点においてスムーズに動作する輸送用モバイルロボットMiR100を2015年にドイツ市場に投入しました。ロボットには、セーフティレーザスキャナS300、3Dカメラおよび超音波が組み込まれているため、人物または障害物を見つけ次第、自動的にこれを回避することができます。         MiR100: ドッキングステーションの小型4輪輸送車 ... もっと読む
未来の工業生産は、モジュール式で多様な移動型のヘルパーを目指しています。KUKA Roboter GmbHは、KMR iiwaと共に、計量ロボットLBR iiwaとモバイルプラットフォームOmniMoveを統合し、完全自動化を実現した自律型ソリューションを提供しています。KUKAは、SICKとの実績ある提携に信頼を寄せています。KMR iiwaに搭載されたセーフティレーザスキャナは、防護機能の他にナビゲーションサポートも提供しています。これにより作業員は自律作業を行うロボットと、ガードなしで直接共同作業を行うことができるようになり、まさに継続的な生産柔軟化を実現しています。移動型ロボットは、工場室内を自主的に移動して商品やワークピースを搬送し、生産における物流プロセスを最新レベルに改善します。このシナリオはKUKAのロボット生産ですでに実践されています。KMR... もっと読む
空いている駐車スペースが見つかるまで、駐車場ビル内のカーブを何度も曲がらなければならない経験は、ドライバーであれば誰もが知っています。特に電車や飛行機に乗らなければならない場合にはイライラが募ります。このため、Serva Transport Systems社は、特殊な技術を開発しました: この技術は自動車を独自に駐車して仕分けし、再びピックアップします。「私たちが駐車を代行します!」Serva... もっと読む
タイヤメーカーのContinental社では、タイヤ加熱装置の危険エリアを防護するための柔軟なシステムが、最適な安全性、経済性そして人間工学を保証します。国際的なプロジェクトの一環として、Continental社はSICKのエキスパートと共に世界16拠点で使用されているタイヤ加熱装置の安全向上に取り組んでいます。     Continental社のプロジェクトでの開始点は、様々な種類の代表的なタイヤ加熱装置の包括的なリスクアセスメントでした。そこで判明した知識をその後安全コンセプトに取り込んでいきました。この安全コンセプトでは、プレス機正面だけでなく、プレス機の側面と背面そして下部の機械的リスクがすべて考慮されています。... もっと読む
365日年中無休で稼働するコンテナターミナルでは、稼働率に対して極めて高い要件が求められます。日常業務での最大のリスクは、埠頭クレーンのブームと船との衝突です。これを回避するため、世界有数の港湾事業者の一つであるDP WorldDP Worldは、ジュベル・アリ港のクレーンにSICKの衝突回避システムを装備しました。 --> ジュベル・アリは、19年連続で「中東のベストシーポート」を受賞しており、DP... もっと読む

ヒット件数 1 - 11 / 11

上へ