未来のパーキング: インテリジェントなセンサがパーキングロボットを自律的に制御

2014/07/02

空いている駐車スペースが見つかるまで、駐車場ビル内のカーブを何度も曲がらなければならない経験は、ドライバーであれば誰もが知っています。特に電車や飛行機に乗らなければならない場合にはイライラが募ります。このため、Serva Transport Systems社は、特殊な技術を開発しました: この技術は自動車を独自に駐車して仕分けし、再びピックアップします。

Serva社のロボット Ray

「私たちが駐車を代行します!」Serva Transport Systems社の未来のパーキングに向けたアイデアは、このシンプルなモットーに込められています。しかしシンプルに聞こえるこのアイデアは、トランスポートシステムの構築および運営において、大きな課題に直面します。インテリジェントなセンサを導入することにより、これらの課題を解決することができます。Serva Transport Systemsのシステムは、できる限りスペースを節約して車両を配置します。自動車はガレージ内の特定の場所に移動され、再びピックアップされます。システムが駐車を代行するため、ドライバーは駐車スペースを探す必要はありません。Serva社のコンセプトを使用する際にドライバーがすることと言えば、自動車を受け渡し場所に停車させてから降りるだけです。

 

インテリジェントなセンサを搭載したがパーキングロボット

システムの中心的要素となるのが、無人搬送車 (AGV) のパーキングロボット「Ray」です。これは自動車向けのフォークリフトの一種で、完全に移動可能で独立して駆動する4つの車輪を備えています。パーキングロボットは車両をピックアップして移動させ指定された場所に駐車し、再び車両をピックアップして元の場所に移動させることができます。Serva Transport Systemsの「パーキング革命」のカギを握るこのロボットには、いくつかの知覚能力があります。

パーキングロボット Ray

 

LMSによる測定および検出

LMS100

SICKのいくつかのレーザスキャナLMS100は、駐車する車両を測定し、取得したデータをシステムのソフトウェアに転送します。このデータから車両の寸法を特定して分類し、ホイール間隔とホイール直径を検出します。パーキングロボットは、どのように車両に合わせて準備すべきかを自動的に理解します。システムが正しい車両を認識し、できるだけスペースを節約して駐車するためには、正確なデータが必要になります。さらに、レーザスキャナがサイドミラーなど壊れる可能性のある部品が飛び出していないかどうかを確認します。

 

目的地を常に把握

NAV350

駐車スペースを自律して移動するパーキングロボットは、ナビゲーションスキャナNAV350を使用して方向を決定します。ナビゲーションスキャナは、AGVのルートガイドと正確な場所特定を行います。このスキャナは高精度の周囲輪郭データとリフレクタデータを提供し、Ethernetインタフェース経由で出力します。自社開発のナビゲーション制御は、パーキングロボットをミリメートルの精度で配置することができます。できる限りスペースと時間を節約するため、パーキングロボットはその場で回転することもできます。これはセンサが対応しなければならない複雑な動作パターンです。

 

セーフティレーザスキャナで防護

S300 Mini

セーフティレーザスキャナS3000 ExpertおよびS300 Mini Remoteは、パーキングロボットの安全を確実に確保します。衝突を回避して歩行者を保護するために、パーキングロボット周辺の防護フィールドが監視されます。これは、センサにとって最も高度な要件であると言えます。防護フィールドは、自動車に応じて異なる寸法に変化するパーキングロボットに合わせて調整されなければなりません。ロボットは全方向に移動できるため、防護フィールドも変更された進行方向と速度に合わせてダイナミックに対応しなければならず、極めて多数の評価ケースにつながります。

 

ネットワーク化されたセンサ

Flexi Softセーフティコントローラ

パーキングロボットのすべてのセンサは制御装置を介して互いにネットワーク化されており、互いに最適に調整されています。この際、安全なバス接続経由で直接レーザスキャナと通信する2台のFlexi Softセーフティコントローラが統合された安全性を保証し、すべての走行経路を安全に防護します。制御原理は、パーキングロボットの知覚装備の心臓部であると見なすことができます。SICKは、当初から積極的に開発に携わっていました。実装する際には、Flexi SoftセーフティコントローラとEtherCATゲートウェイとの統合、およびコントローラ同士の結合など、Serva Transport SystemsとSICK販売チームのアプリケーション専門家や製品管理部が協力して、数多くの拡張機能や最適化を実施しました。

 

デュッセルドルフ空港のプレミアムパーキング

すでに複数のテスト実行が実施され成功を収めています。デュッセルドルフ空港の駐車場ビルには、最近自律型パーキングロボットが導入されました。パーキングシステムの機能については、こちらの動画をご覧ください:  

 

 

現在のプレス記事:

 

ご質問がございましたら、お問い合わせください。

エキスパートへのお問い合わせ

移動型ロボット:
Move into new dimensions

ロボット工学は生産、ロジスティクスやサービスなどで普及しています。移動型ロボットのあらゆるバリエーションに適したセンサソリューション

詳細はこちら