お問合せ
フィードバック

アームエンドツーリング

ロボット工学向けのセンサソリューション

特にロットサイズ1の柔軟な生産では、グリッパおよびグリッパアームの感度がますます重要な意味を持つようになっています。ここでは、複雑で自動化されたアプリケーションでのインテリジェントな対象物検出が主要な課題となります。その際、材料、表面または形状など関する特殊な対象物特性に合わせて、光源と検出機能をカスタマイズして、事前設定することができます。SICKのインテリジェントなセンサは、アームエンドツーリングと関連する供給システムでの用途すべてをカバーします。

アームエンドツーリングのためのロボットアプリケーションの選択肢

SICKのアームエンドツーリング向け製品およびソリューション

C溝スロット型シリンダセンサ
空気圧グリッパおよびミニチュアシリンダ用超ショートシリンダセンサ
MZCG
光電スイッチ
対象物検出におけるエリート
W16
納得のゆく金属筐体のレーザ性能
W12-2 Laser
要求の高いアプリケーション向けの汎用製品プラットフォーム
W12-3
超小型・超頑強
W2S-2
圧力センサ
圧力をより良く監視
PAC50
変位測定センサ
容易かつ正確に測定
OD Mini
各寸法を高精度で特定
OD Precision

導入事例 – SICKセンサブログのストーリー

SICKセンサによる薬局ロボットの制御

フィンランドの企業Capps Oyは、まったく新しいアプローチで薬局向けの自動倉庫システムを開発しました。この機械は、従来の倉庫のごく一部のスペースしか必要としませんが、これまでよりはるかに多数の製品を収容できます。

SICKセンサブログで詳細を見る

ご質問がおありですか?またはアドバイスをご希望ですか?

お問い合わせください 

上へ