お問合せ
フィードバック

センサインテリジェントによるサプライチェーン全体を通したデータ運用性の最適化

業界では、生産における機械と包括的なITシステムとのネットワーク化という課題に直面しています。この課題には、サプライチェーン全体を通してすべての仕上げ・ロジスティクス工程から受注処理さらにはお客様への納入に至るまで把握する必要があるという背景があります。この際、物品をお客様のご要望に従って1つのロットサイズに至るまで需要の相違に柔軟に適合させ、効果的に生産できるようにするために、利用可能なデータすべての透明性が重要となります。

生産プロセスのデジタル化および最適化

実際に目標を達成できるかどうかは、データの品質に関わっています。生産プロセスでは、センサ技術によって測定・検査・監視タスクが実行され、必要なデータが特定されます。これらのデータはセンサを通して今までと同様に、実際の製造機械の制御装置や例えば製法を最適化する生産管理システムに直接転送され、並行して高次のITシステムまたは包括的なトラック&トレース監視を行うクラウドにも転送されます。SICKのセンサインテリジェンスは、インテリジェントな機能によりすでにセンサ内で測定データを評価し、適切なユーザデータを処理された情報として転送することにより、データ処理をサポートして作業を軽減します。弊社雑誌SICKinsightの本号では、材料や製品の識別および追跡などを行うアプリケーション固有のセンサ・システムソリューションに関する弊社の大規模なポートフォリオをご覧いただけます。

選択した製品:

SICKinsightをPDF形式でダウンロード

ダウンロードはこちら
上へ