プロファイリングシステム
Vehicle Hotspot Detection System

車両部品の過熱を全自動で検出

利点

  • 過熱した車両のを早期に検出し、火災や交通渋滞を未然に防止
  • スムーズな交通流で高速走行時も測定可能
  • 過熱した車両ゾーンを個別に識別
  • 迅速な車両点検: システムのグラフィカルユーザインタフェースで、過熱した車両ゾーンの位置を正確に特定
  • 現地の道路情報表示システムに簡単に統合可能 – 車道への設置不要
  • 最小限の運用・メンテナンスコスト
  • 天候に左右されず、24時間いつでも使用可能

概要

車両部品の過熱を全自動で検出

プロファイリングシステム「車両ホットスポット検出器 (Vehicle Hotspot Detection System)」は、熱画像カメラと2D-LiDARセンサを組み合わせて、過熱車両を検出します。このシステムを使うと、トンネルに入る前、RO-RO船での輸送前、道路と鉄道の積み替えターミナル、交通規制ポイントなどで、このような車両を検出し、迂回させることができます。システムは各車両の温度と寸法を測定し、車両クラスを特定し、車両の3Dモデルを作成します。これにより、タイヤ、エンジン、排気管または積載スペースなど、個々の車両ゾーンの自動識別が可能になります。

概要
  • 過熱車両の完全自動検出
  • 様々な車両ゾーンのアラーム閾値は設定可能
  • 車両の3D可視化
  • ナンバープレート、危険物標識、高さ超過検出器などによる検出に拡張可能
  • TCP/IPインタフェース経由によるデータ伝送
  • 全天候型LiDAR・赤外線技術

アプリケーション

ダウンロード