お問合せ
フィードバック

4つの次元を持つスマートセンサ:

スマートタスク

 

スマートタスクによりセンサ内のデータを直接処理できるようになります。これは、さらに高速なデータ伝送、スリムな構造およびプロセスコストの利点の実現につながります。

 

「ビッグデータ」の時代には、全体像を見失わないことが大切です。そのためスマートタスクは、センサの多種多様な検出/測定信号を処理し、必要に応じて外部センサの信号とリンクさせ、これらを基に、設備の各タスクに合わせて調整された実際に必要なプロセス情報を生成します。この機能は、データ評価時間を削減し、機械プロセスを加速させることから、高性能で高価な追加のハードウェアは必要なくなります。

 

Site map

スマートタスクの例: アプリケーションの付加価値

速度・長さ測定

  • スリップに依存しない対象物速度検出により、さらに正確な測定結果を取得
  • 搬送速度に関わらず対象物長さに基づいて検出対象物の仕分けおよび分類を簡単に実行
  • 測定位置決定時の高い柔軟性
  • 制御装置のサイクルタイムにより測定結果の歪みなし

製材機械工場でのアプリケーション向けに統合された速度および長さ測定

対象物・ギャップモニター

  • 異常状態を迅速に検知するための対象物長さ・間隔の監視
  • 上位制御レベルまたは製品排除の迅速な直接制御ための信号を簡単に供給
  • 制御装置のサイクルタイムにより測定結果の歪みなし

製品供給時の対象物測定およびギャップ測定を統合

装着分析

  • 品質監視やプロセス制御のためにSmart Sensorで直接信号パターンを簡単に評価することによる、通過するワークピースキャリアなどアセンブリ装着の直接検出
  • プロセス実行中の信頼性の高い装着アセンブリ検出 – 様々な走査速度に対応
  • 優れたコスト効率、複雑さを軽減

統合された自動装着分析

カウントおよびデバウンス

  • 干渉抑制と同時に行われる簡単で迅速な完全性点検
  • 正確な測定: 制御装置のサイクルタイムにより、個々の非常に速いカウントパルスが「飲み込まれる」ことを回避

適時にコイル交換を行うために統合されたラベルカウント

スマートタスク:

SICKのSmart Sensor

その他のスマートタスクについてはご相談ください。

お問い合わせください 

上へ