SICK AppSpace – センサアプリケーション向けのEngineering Framework

すべてのアプリケーション。すべての技術。一つのエコシステム。

自社で、またはSICKの専門家と共同で、お客様のセンサのために独自のSensorAppを開発することができるエコシステムです。ダイナミックな開発者コミュニティがすべてのアプリケーションおよびすべての技術を支援しています。

トレーラーを見る

Deep Learning – AIソリューション

AIソリューション - 自動化の真の力

難度の高いタスクを解決し、パターンを検出し、プログラミングの手間なしで実行に移せる手段をぜひご利用ください。

詳細

SICK AppSpaceでのサクセスストーリー

SICK AppSpaceは、具体的にはトラックアンドトレース、位置決めタスク、ロボットガイダンスシステム、品質管理など、すでに多数のアプリケーション向けにスマートなソリューションを提供しています。

詳細

開発者用: 始めましょう

すぐに始めてすべてのツールを体験

90日間のお試しライセンスを入手して、SICK AppStudioをすぐに始めましょう

詳細

開発者用: SICK Support Portal

アップデートへのアクセス、チケットシステム、不明な点がある際のサポート、チュートリアルまたはリリースノート

SICK Support Portalへ

SICK AppPool

世界のどこにいてもSensorAppを安全に集中管理

StandardAppへのアクセス、カスタマイズ可能なCustomApp、様々なアプリケーションに対応したDemoApp、開発基盤としてのSampleApp、設定を更に行うためのAppTemplate

SICK AppPoolへ
SICK AppSpace – センサアプリケーション向けのEngineering Framework
Deep Learning – AIソリューション
SICK AppSpaceでのサクセスストーリー
開発者用: 始めましょう
開発者用: SICK Support Portal
SICK AppPool

ソリューションを選択してください

適した製品または製品群をここで検索できます

フィルタ:

144 ヒット数:

ヒット件数 1 - 8 / 144

SICK AppSpace Software Tools
SICK AppEngine
  • 説明: SICK AppEngineをインストールするためのソフトウェアライセンス, ソフトウェア製品であるSICK AppEngineは、機器をエコシステムSICK AppSpaceに統合し、SensorAppを実行する機器をプログラマブルデバイスにします。
  • 対応製品: Data Integration Machine DIMA500
詳細
今すぐ比較する
SICK Support Portalへ Request Trial
SICK AppSpace SensorApps
EventCam App
  • 説明: EventCam アプリ (IPC) は、SICK picoCamまたはmidiCamと併用して使用できる産業用PC向けデジタルソリューションです。これによって、これらのカメラをイベントカメラとして使用し、トリガ信号前後の指定時間中のイベント記録を可能にします。メインアプリケーションに加えてイベントの記録が可能になります。
詳細
今すぐ比較する
SICK AppSpace SensorApps
EventCam App
  • 説明: EventCamアプリはSICK AppSpace製品向けデジタルソリューションです。これによってSICKカメラをイベントカメラとして使用し、トリガ信号前後の指定した時間中のイベントを記録できるようになります。メインアプリケーションに加えて、プログラマブルカメラ Visionary またはSensor Integration Machine (SIM) 等によるイベントの記録がさらに可能になります。
詳細
今すぐ比較する
SICK AppPool
SICK AppSpace SensorApps, 2D Machine Vision
InspectorP Rack Fine Positioning
  • タスク: 位置決め
  • 内部照明:
  • レンズ: 17.5 mm, Sマウント
  • 作動距離: 200 mm ... 1,950 mm
  • センサ分解能: 1,280 px x 1,024 px (1.3 Mpixel)
  • センサ: CMOSマトリックスセンサ、グレースケール値
  • 光学的フォーカス: 固定フォーカス
  • 冷凍使用: いいえ
詳細
今すぐ比較する
SICK AppSpace SensorApps, 2D Machine Vision
InspectorP Rack Fine Positioning
  • タスク: 位置決め
  • 内部照明:
  • レンズ: 9.6 mm, Sマウント
  • 作動距離: 100 mm ... 350 mm, 150 mm ... 700 mm
  • センサ分解能: 1,280 px x 1,024 px (1.3 Mpixel)
  • センサ: CMOSマトリックスセンサ、グレースケール値
  • 光学的フォーカス: 固定フォーカス
  • 冷凍使用: いいえ
詳細
今すぐ比較する
RFID, SICK AppSpace Programmable Devices
RFU63x
  • 無線機器の型式認証: 香港
  • 周波数帯: UHF (860 MHz ... 960 MHz)
  • 読み取り範囲: ≤ 10 m
  • 保護等級: IP67
詳細
今すぐ比較する
RFID, SICK AppSpace Programmable Devices
RFU63x
  • 無線機器の型式認証: ブラジル
  • 周波数帯: UHF (860 MHz ... 960 MHz)
  • 読み取り範囲: ≤ 10 m
  • 保護等級: IP67
詳細
今すぐ比較する
SICK AppSpace SensorApps, 3D Machine Vision
Dolly Positioning
  • 用途: Digital Design, Operations, マシンビジョン向けの2D・3Dソリューション
  • 説明: 無人搬送システム (AGVシステム) による台車の自動ピックアップでは、精度が非常に重要です。なぜなら、AGVシステムの高精度位置決めでは、相対位置と台車の位置を正確に決定する必要があるためです。これに関するデータはSensorApp Dolly Positioningが提供します。このアプリは、SICKの3DビジョンセンサVisionary-T APで直接実行されます。台車の自動ピックアップに必要な測定値は、サーバで事前処理され、評価されたあと、無人搬送システムの制御装置に転送されます。SensorApp Dolly Positioningは、SICK AppSpaceコンセプトに基づいており、完成したアプリケーション固有のKey Appとしてセンサにロードされます。
詳細
今すぐ比較する

ヒット件数 1 - 8 / 144

概要

SICK AppSpace – お客様の個々のセンサアプリケーションに対応するEngineering Framework

自社で、またはSICKの専門家と共同で、お客様のセンサのために独自のSensorAppを開発することができるエコシステムです。ダイナミックな開発者コミュニティがすべてのアプリケーションおよびすべての技術を支援しています。当社のインテリジェントなソフトウェアツールとアルゴリズムをもとに、独自のSensorAppを開発できます。SICKの提供するトラックアンドトレース、位置決めタスク、ロボットガイダンスシステム、品質管理向けの既存ソリューションは、お客様独自の課題に合わせてカスタマイズできます。または、お客様の要件に合わせて完全にカスタマイズされたまったく新しいSensorAppを開発することも可能です。SICK AppSpaceは、2Dビジョンセンサ、3Dビジョンセンサ、LiDAR、RFIDまたは統合製品など、多数の機器および技術をサポートしています。

利点

  • RFID、2Dビジョンセンサ、3Dビジョンセンサ、LiDARまたは統合製品向けの幅広いSICKデバイスポートフォリオにエコシステムを使用することにより、大きな投資安定性を確保可能
  • 簡単なエッジコンピューティングを実現
  • お客様の要件に合わせて特別にカスタマイズされたSensorAppの迅速かつ効率的な開発
  • SensorApp開発時の高い自由度により優れた柔軟性を発揮
  • SensorAppは様々なプログラマブルデバイスで再使用可能であるため、開発作業を軽減可能
  • 無料の90日間試用ライセンスによりリスクなしで導入可能
  • SICK Support Portalを通した開発者から開発者への専門的なサービス
  • 開発者はSICK AppSpace Developers Clubへの自動アクセスを通して経験を交換したり他の会員とネットワークを築くことが可能

サクセスストーリー

RFID技術による効率的な自動車生産

詳細

ピックアンドプレースタスク向けのベルトピッキングSensorAppで3Dによる位置特定が可能

詳細

非接触式の位置特定システムBody Positioning System

詳細

始めましょう

すぐに開始: 90日間のお試しライセンス

今すぐ90日間のお試しライセンスを入手して、SICK AppStudioをすぐに始めましょう。

当社の問い合わせフォームをご利用ください。

概要 – エコシステムSICK AppSpaceの簡単な紹介

コミュニティ

SICK Support Portalは、コミュニティからのヘルプをチュートリアル、SampleApp、ビデオとチケットシステムで提供しています。SICK AppSpace Developers Conferenceでは、オープンイノベーションならびにBarCampとワークショップでのネットワーキングが可能です。

ソフトウェア

SICK AppStudioでは、SensorAppの開発に向けた万全の環境が提供されています。SICK AppManagerは、SensorAppの管理およびインストールに使用します。SICK AppPoolは、SensorAppの安全な交換の中心となるプラットフォームです。

ハードウェア

センサはSensorAppを介してそれぞれのアプリケーション向けに直接プログラミングされます。Sensor Integration Machineはデータインターフェースとして、またセンサデータのリアルタイム統合用に使用します。

共に未来を構築 – 強力な開発者コミュニティ

SICK AppSpace Developers Clubの会員資格を得ると、自動的にSICK AppSpace Developers Clubのコミュニティの一員になります。そうなれば、SensorAppをベースにしたカスタマイズ型アプリケーションやプログラミング可能な機器の開発で、常に流行の最先端を行くことができます。ユーザにもたらされる多数のメリットの一つであるSICK AppSpace Developers Conferenceは毎年開催され、そこではSICK AppSpaceの今後の形成に積極的に参画することができます。

SICK AppSpace Developers Conference 2019

ウェビナー: 「SICK AppSpaceとは?」
SICK AppSpaceユーザとのインタビュー

技術パートナー

SICKはエコシステムにおけるソフトウェア統合での長期的なパートナーシップを大事にしています。
MVTecおよびHALCON すでに2010年より実績を積んできたMVTec Software GmbHとのパートナーシップは、SICK AppSpace向けの包括的な画像処理用標準ソフトウェアHALCONのインプリメンテーションと共に、一貫して強化されてきました。柔軟なソフトウェアアーキテクチャにより、産業用画像処理・画像分析向けの迅速なアプリケーション開発が可能となります。豊富な画像処理ライブラリは、SICK独自のアルゴリズムを完全に補完し、実に簡単にデバイスに統合させることができるようになります。
Silicon Software プログラミング可能な機器の一部には、FPGAベースのハードウェアサポートを行うマルチコアプロセッサ (いわゆるコプロセッサ) が備わっています。Silicon Software GmbHはVisualAppletの開発を通して、FPGAプログラミングを更に高度化することに成功しました。グラフィカルなデータフロー図では、ドラッグアンドドロップにより、オーダーメイドのアルゴリズムを作成し、わずかなステップで他のデバイスに転送することができます。アルゴリズムまたはアプリケーションの加速用に、SICKは問い合わせに応じてVisualApplet開発サービスを提供しています。

ダウンロード