お問合せ
フィードバック

コンサルティングおよびデザイン
機能安全の検証

保護目標を確実に満たす

利点

  • 時間とリソース節約: 経験豊富なSICKエキスパートが効率的にプロセスを実行
  • 分析とテストにより規格準拠した検証で保護目標を確保
  • ダブルチェックの原則: 互いに独立した専門家による実行およびチェック
  • 包括的: 必要に応じた調整の指定および実装
  • 手順の標準化および持続可能なコンピテンシーマネジメントによる高品質

概要

保護目標を確実に満たす

機能安全技術の最も重要な原則の一つが、試験により得られる安全性です。検証を行うことで、防護装置の設定およびコミッショニング後に実装された安全機能が指定された保護目標を満たしていることが確認されます。SICKのエキスパートは検証・妥当性の確認や計画を作成し、安全機能の動作がどのようにテストされるべきかを決定します。分析またはテストを実行し、各安全機能が正しく実装されていることをチェックします。保護目標が満たされていない場合、SICKのエキスパートが設定を適切に調整し、検証を繰り返します。これにより検証完了後には、すべての安全機能の確実な実装が保証されます。

概要
  • 制御システム(SRP/CS)安全関連部品の正しい選択・インストール・インプリメンテーション・機能をチェックする検証・妥当性の確認や計画の作成
  • 制御システムの安全関連部品の設定
  • 検証・妥当性の確認や計画に従った分析およびテスト
  • 必要となる調整の指定、場合によっては安全関連アプリケーションプログラムの修正

ダウンロード

上へ