お問合せ
フィードバック

コンサルティングおよびデザイン
安全ソフトウェア設計

安全関連の制御回路は規格に準拠してプログラミング

利点

  • SICKの経験豊富なエキスパートに任せることで時間とリソースを節約
  • エラーの回避と抑制のための措置を含んだ、Vモデルにしたがって標準化された実装による安全性
  • 安全機能のプログラミングがモジュール形式に分かりやすく構造化されたことによる、複雑さの軽減
  • 手順の標準化および持続可能なコンピテンシーマネジメントによる高品質

概要

安全関連の制御回路は規格に準拠してプログラミング

設定可能またはプログラム可能なコンポーネントを安全機能の実装に使用する場合、いくつかの側面に注意する必要があります。SICKのエキスパートは、ソフトウェアツールおよびそのツールを使用して作成されたアプリケーションソフトウェアが規範的要件およびパラメータに準拠していることを確実に検証します。構造化されたモジュール式プログラミングが、ソフトウェア設計におけるエラーを回避するのに役立ちます。これにより変更による効果をより良く評価することができ、再検証の必要性を減らすことができます。もちろん、ソフトウェアベースの安全コンポーネントのメーカーとして、SICKはその分野での専門知識と経験を提供します。

概要
  • 入力信号と出力信号の設定を含む、安全関連アプリケーションソフトウェアの特定
  • ソフトウェア開発のVモデルに準拠した、安全関連アプリケーションソフトウェアの作成および検証

 

SICKのセキュリティサービス: 確実なアドバイス、設計、直ぐに実現可能なソリューション

ダウンロード

上へ