お問合せ
フィードバック

ネットワーク化された工場におけるセンサインテリジェンス

Sensorintelligenz in der vernetzten Fabrik
Sensorintelligenz in der vernetzten Fabrik

ネットワーク化された工場はインダストリ4.0の前提条件です。各センサ、各機械、そしてすべての関連機器は、随時互いに通信し合うことができます。この情報交換は、工場の扉の外で終了するものではありません。エッジとクラウドを組み合わせることにより、生産管理とデータ管理を外部への情報発信や外部からの情報取得を問わずに行うことができます。従って、技術と人間によるこの集中的な共同作業は、プロセスの透明性と生産性、収益性を向上させます。

 

透明性のある生産プロセスおとびロジスティクスプロセス

常にどこで何がどのように起きているのかを把握。常に概要を把握: 透明性は、生産プロセスまたは配送プロセス全体をAからZまでリアルタイムで追跡し、影響を与えることを可能にします。

さらに優れたプロセス透明性

 

ダイナミックで柔軟な生産

進歩的な自動化は、柔軟な生産と極めて少量の生産で効果を発揮します。お客様のご要望が焦点となります。ロットサイズ1は、もはやコストのかかる課題ではなく、日常的に実行できる業務となりました。

ダイナミックで柔軟な生産

 

 

品質保証の自動化

コンピュータ能力の改善により、品質保証およびセンサーベースの生産管理向けのカメラベースのソリューションの視覚的能力も変化します。

品質保証の自動化

 

ネットワーク化された工場の一部としてのモバイルプラットフォーム

モバイルシステムはますます生産チェーンに統合されつつあります。ほぼすべての工業環境で、あらゆるサイズの無人搬送車が、輸送および配送サービスを事故を起こすことなく安全にサポートしています。

モバイルプラットフォーム

 

人間とロボットによるコラボレーションのためのインテリジェントなセンサ

柵は不要になります。真の人間とロボットによるコラボレーションには、協力や共生以上の意味があります。人間と機械が、同じ作業空間をガードなしで共有し、事故を起こすことなく手を取り合って作業をします。

人間とロボットによるコラボレーション

ご質問がおありですか?またはアドバイスをご希望ですか?

お問い合わせください 

上へ