お問合せ
フィードバック

安全制御装置
Flexi Classic

効率的で使いやすいセーフティコントローラ

利点

  • モジュール式構造の効果で最適なスケーラビリティが得られるため、余計な入出力の省略とハードウェアの削減が可能
  • ロータリースイッチで簡単に行えるロジック設定
  • 簡単なロジック作成を可能にし、配線サポートを提供する設定ヘルプFlexi Classicコンフィギュレータ
  • システムの総合診断で予定外のダウンタイムを回避
  • コンパクト設計であるため配電盤の幅を大幅に短縮することが可能
  • 従来のセーフティソリューションと比較して、配線が大幅に少なくなります。Flexi Loopを使用すれば、配線が更に簡単になります。

概要

効率的で使いやすいセーフティコントローラ

Flexi Classicモジュール式セーフティコントローラでは、ソフトウェアなしでロジックを簡単に作成することができます。しかもユーザは、設定を自分のアプリケーションの要件に合わせて調整することができます。ロジック機能の設定はロータリースイッチで行います。このスイッチはモジュールに直に備わっているため、迅速で簡単なコミッショニングが可能になります。個々のモジュール同士の通信を担当する内部バスによって、診断情報がセーフティシステムを介して読み出されます。この製品群にはゲートウェイが含まれています。これは設定したロジックには影響を及ぼさず、上位の非安全制御装置に接続する役割を果たします。ゲートウェイがシステム情報を集めて転送することによって、素早い診断が可能になります。Flexi Classicには、作成したプロジェクト用の配線図を提供する目的で、更に設定ヘルプとしてFlexi Classicコンフィギュレータが用意されています。そして最後になりましたが、多種多様なアプリケーションを効率的に解決するこの製品群には、ミューティング用の特殊モジュールも含まれています。

概要
  • ロータリースイッチを使用した簡単な機能設定
  • モジュール式で拡張可能
  • どのような種類のセンサとも直接配線可能
  • 論理接続: AND、OR、ミューティング、バイパス、リセット、外部機器監視
  • すべての一般的なフィールドバスへの統合
  • Flexi Loopセーフティセンサカスケードの統合
  • 難度の高いミューティングアプリケーションのあらゆる要件を満たす特殊ミューティングモジュール

 

ロボット工学向けのセンサソリューション
Robotics image
ロボット工学向けのセンサソリューション
Robotics image

対等な立場での共同作業

ロボットビジョン、Safe Robotics、アームエンドツーリングまたは位置フィードバックなど、いかなる分野においてもロボットはSICKのセンサにより、さらに正確に知覚できるようになります。
詳細はこちら

生産性向上を約束するセーフティソリューションの機能安全を保証するパートナーそしてエキスパートである当社の利点をご活用ください。これにより、プロセスのスムーズな実行や人と機械とのチームワークを実現し、これまでの限界をさらに拡大してゆくことができます。

SICKのセーフティソリューションで生産性が向上

アプリケーション

技術概要

 
  • 技術仕様概要

    技術仕様概要

    安全度水準

    SIL3 (IEC 61508)

    SILCL3 (EN 62061)

    カテゴリカテゴリ 4 (EN ISO 13849)
    パフォーマンスレベルPL e (EN ISO 13849)
    設定タイプロータリースイッチによる / 接続配線による
    システム構築

    モジュール式

    メインモジュール 1

    0 ... 11 拡張モジュール

    0 ... 8 リレーモジュール

    0 ... 1 ゲートウェイ

    フィールドバス、産業ネットワークEtherNet/IP™, Modbus, PROFINET
    安全なネットワークグローバル非常停止
    安全な駆動監視
    Flexi Loop対応
すべての技術データについては、各製品をご覧ください。

ダウンロード

上へ