Safe Motion
Speed Monitor

メンテナンスモード時の最適な防護

利点

  • スクリュードライバのみを使用する簡単なコミッショニング – 設置時間の削減
  • Flexi Soft DesignerおよびFlexi Classicコンフィギュレータのツールサポート
  • 追加のHTLエンコーダ評価
  • 複数の軸のカスケード可能

概要

メンテナンスモード時の最適な防護

Speed Monitorは停止状態と回転数の監視装置であり、安全に速度を監視することによって、危険状態につながる動作から防護します。これには、ドライブ安全機能SLS (safety limited speed、安全制限速度) およびSSM (safe speed monitor、安全速度監視) があります。さらに異なる監視機能のモードを提供し、2つの独立した近接スイッチ信号を使用するか、または1つの近接スイッチ信号と1つの別の信号を使用します。Speed Monitorは、さらにSICKのすべてのセーフティコントローラに接続できます。

概要
  • 停止状態と回転数の監視
  • 4点の安全半導体出力
  • PL e (EN ISO 13849)、SIL3 (IEC 61508)、SILCL3 (EN 62061)
  • 2 kHzの最大入力周波数
  • 0.1~9.9 Hzまたは0.5~99 Hzのバリエーションに応じて設定可能な回転数制限/監視周波数
  • 故障および状態表示用のアプリケーション診断出力2点
  • 診断LED

アプリケーション

技術概要

 
  • 技術仕様概要

    技術仕様概要

    アプリケーションMotion Control
    安全レベルPL e, SIL3, SILCL3
    設定タイプロータリースイッチによる
    ドライブ安全機能

    停止状態

    安全制限速度 (SLS)

    安全速度監視 (SSM)

    エンコーダインタフェース

    Proxy

    A/Bインクリメンタルエンコーダ、HTL、12 Vまたは24 V

すべての技術データについては、各製品をご覧ください。

ダウンロード