信頼性の高いパッケージ検出

パッケージは搬送時にベルト上で確実に検出されカウントされなければなりません。以前は、このような場合に製品のシンギュレーションを行っていました。マルチタスク光電センサDeltaPac (WTD20E) は、搬送ベルトにあるパッケージを互いの間隔が狭い場合でも検出します。検出はパッケージの色や表面に関係なく行われます。これにより非接触かつ摩耗フリーで信頼性の高いカウントプロセスが実現されます。マルチタスク光電センサDeltaPacでは、シンギュレーションは不要になります。これにより搬送経路の複雑なメカニックも廃止することができます。