お問合せ
フィードバック

安全システム
Safe Robotics Area Protection

オープンなアクセスで安全な生産性を実現

利点

  • 協働ロボットアプリケーションへの安全かつ自由なアクセスにより、高い生産性、わずかなダウンタイムおよび最適な作業プロセスを実現
  • システムをロボットアプリケーションおよび製造環境に合わせて簡単にカスタマイズ可能であるため優れた柔軟性を発揮
  • 柔軟に適合可能であることから将来性も保証
  • ロボット統合に関する詳細なドキュメンテーション、関連規格に適合
  • 一般的またはUniversal Robots、FANUCおよびYaskawa向けのメーカ固有のバリエーションにより、産業用ロボット制御装置へ簡単に統合できるため低コスト
  • プラントの信頼性の高い安全性を保証 – SICK専門家が開発した実績ある制御ロジック

概要

オープンなアクセスで安全な生産性を実現

SICKの安全システムSafe Robotics Area Protectionは、安全なヒューマンロボットインタラクションの原点となり、自由にアクセス可能な協働型ロボットアプリケーションを実現します。このシステムには、SICKの安全センサと組み合わせることができるテスト済みの制御ロジックが含まれています。 さらにSafe Robotics Area Protectionには、Universal Robots、FANUCおよびYaskawaなどに対応するメーカ固有のバリエーションがあります。これらのバリエーションには詳細なドキュメンテーションとロボット特有の設定が備わっているため、簡単にロボット制御に統合することができます。安全システムは国際的な安全基準に準拠しており、ダウンタイムを低減し、作業プロセスを最適化することにより生産性を向上させます。

概要
  • ハードウェアおよび制御ロジックを含む安全システム
  • テストされた制御ロジックによる安全機能
  • 一般的なバリエーションまたはUniversal Robots、FANUCおよびYaskawa向けメーカ固有のバリエーション
  • ドキュメンテーションには配線プラン、SISTEMAファイル、取扱説明書などが含まれています
  • 自動ロボット再起動も可能
  • PL d

 

ロボット工学向けのセンサソリューション
Robotics image
ロボット工学向けのセンサソリューション
Robotics image

対等な立場での共同作業

ロボットビジョン、Safe Robotics、アームエンドツーリングまたは位置フィードバックなど、いかなる分野においてもロボットはSICKのセンサにより、さらに正確に知覚できるようになります。
詳細はこちら

アプリケーション

ダウンロード

上へ