非接触セーフティスイッチ
TR4 Direct

不正操作防止を備えたドア監視用RFIDセーフティスイッチ

利点

  • 個別にコード化されたアクチュエータによる高い誤操作防止力 (タイプに応じて異なる)
  • ドアのずれに対する広い許容範囲および境界領域表示による高い機械稼動率
  • 耐衝撃/振動性による高い信頼性
  • 最大30個のセンサの直列接続による経済的なソリューション
  • 構造が低摩耗でローメンテナンスであることによる長い耐用年数
  • LEDステータス表示による迅速な診断
  • 装置は簡単に清掃できるため、汚染の激しい領域での使用や厳しい衛生基準でのアプリケーションに特に適切
  • Flexi Loopの使用: わずかな配線時間で診断を含む安全な直列接続を実現

概要

不正操作防止を備えたドア監視用RFIDセーフティスイッチ

RFIDセーフティスイッチTR4 Directは、高い不正操作防止力が必要なアプリケーションで使用されます。

TR4 Directには、監視された半導体出力 (OSSD) が搭載されているため、安全制御装置に直接接続することができます。セーフティスイッチの解除は、有効なアクチュエータが直接TR4 Directの応答範囲に存在している場合にのみ行われます。2つの動作原理を利用可能: 普遍的にコード化されたバリエーションでは、任意の普遍的にコード化されたアクチュエータが応答範囲内に存在しています。独自にコード化されたバリエーションでは、学習済みの、保存されたコードと一致するコードを有する独自にコード化された応答範囲内に位置するアクチュエータのみ識別されます。最大30個のセーフティスイッチ (すべてLEDステータス表示付き) を直列に接続することができます。これにより電気的設置とサービスが非常に簡単かつ快適になります。

概要
  • 最大応答範囲 25 mm
  • ユニバーサルコードおよびユニークコードのセンサ、最大保護等級 IP 69K
  • 最大パフォーマンスレベル PL e (EN ISO 13849)
  • OSSD安全出力 2点
  • 最大30台の安全なセンサカスケードが可能 (バリエーションに応じて異なる)
  • LEDステータス表示
  • 境界領域表示および磁気保持力 (オプション)
  • Flexi Loop対応のM12プラグコネクタ (バリエーションに応じて異なる)

アプリケーション

技術概要

 
  • 技術仕様概要

    技術仕様概要

    センサ原理RFID
    安全度水準

    SIL3 (IEC 61508)

    SILCL3 (EN 62061)

    カテゴリカテゴリ 4 (EN ISO 13849)
    パフォーマンスレベルPL e (EN ISO 13849)
    アクチュエータのコードレベル

    低コードレベル (EN ISO 14119)

    高度なコードレベル (EN ISO 14119)

    出力タイプセルフモニタリングを備えた半導体出力 (OSSD)
    安全出力数2
    接続タイプM12オスコネクタ付きケーブル、8ピン / M12オスコネクタ付きケーブル、5ピン / ケーブル
すべての技術データについては、各製品をご覧ください。

ダウンロード