お問合せ
フィードバック

非接触セーフティスイッチ
RE2

シンプルで定評ある非接触式のドア監視

利点

  • 構造が低摩耗でローメンテナンスであることによる長い耐用年数
  • 適切なセーフティモジュールとの併用によるセーフティスイッチ1個のみ、EN ISO 13849に従ったパフォーマンスレベルPL e
  • ドアのずれに対する大きい許容差による高い機械稼動率
  • 装置は簡単に清掃できるため、汚染の激しい領域での使用や厳しい衛生基準でのアプリケーションに特に適切
  • LEDステータス表示 (RE27) による迅速な診断
  • Flexi Loopの使用: わずかな配線時間で、診断を含むセーフティカスケード接続を実現

概要

シンプルで定評ある非接触式のドア監視

磁気型セーフティスイッチRE2には、非等価N/OおよびN/C接点あるいは等価N/O接点が装備されています。これらは直接コーティングされた磁気型アクチュエータに対して応答します。磁気型セーフティスイッチは、汚染が激しい領域で使用されます。これらは簡単に清掃できるため、高い衛生基準を満たすことができます。その機能原理はより大きい許容差を可能にするため、防護装置の正確なガイドが困難な場所に適しています。

概要
  • 9 mmまでの応答範囲
  • 2個または3個の接点
  • パフォーマンスレベル PL eまで (EN ISO 13849)
  • プラグコネクタまたは接続されたケーブル付きのセンサ
  • LEDステータス表示 (RE27)
  • Flexi Loop対応のM12プラグコネクタ (バリエーションに応じて異なる)

 

ロボット工学向けのセンサソリューション
Robotics image
ロボット工学向けのセンサソリューション
Robotics image

対等な立場での共同作業

ロボットビジョン、Safe Robotics、アームエンドツーリングまたは位置フィードバックなど、いかなる分野においてもロボットはSICKのセンサにより、さらに正確に知覚できるようになります。
詳細はこちら

生産性向上を約束するセーフティソリューションの機能安全を保証するパートナーそしてエキスパートである当社の利点をご活用ください。これにより、プロセスのスムーズな実行や人と機械とのチームワークを実現し、これまでの限界をさらに拡大してゆくことができます。

SICKのセーフティソリューションで生産性が向上

利点

非接触式ドア監視で得られる確実な機能

磁気型セーフティスイッチRE2は、IP67までのドア・フラップの監視用に使用します。その魅力は、耐用年数が長く、摩耗が少ないローメンテナンスの構造になっており、省スペースで取付可能であることにあります。RE2ではそれと同時に、ひどい汚れなどの不利な環境条件下でも確実な機能が得られます。

ローメンテナンスでクリーニングも簡単

摩耗が少ない動作原理が採用されているため、メンテナンスサイクルが長くなり、機械稼働率が向上します。
溝や開口部がないRE2は極めて簡単にクリーニングできるほか、IP67までのドア・フラップならびに汚れがひどい領域での使用に適しています。

摩耗が少ない動作原理の効果で高い機械稼働率が実現する非接触セーフティスイッチRE2

不正操作防止機能の向上によりパフォーマンスレベルeにまで対応可能

ドアのずれに対する許容範囲が広いため、RE2はあらゆるスライドドアとスイングドアに使用可能であり、極めて高い機械稼働率が実現します。RE2は、安全制御装置特有の機能ブロックを介してEN ISO 13849に準拠したパフォーマンスレベルeに到達可能であるほか、高い不正操作防止機能も備えています。

PL eにまで対応する不正操作防止機能

磁気式の動作原理が採用されているため、RE2は電気機械式セーフティスイッチよりも不正操作防止機能が高く、事故リスクの大幅な低下に貢献します。
制御装置の適切な安全ブロックと組み合わせることで、RE2はパフォーマンスレベルeに到達することができます。

磁気型セーフティスイッチRE2では、優れた不正操作防止機能と最高の性能が得られます。

アプリケーション

技術概要

 
  • 技術仕様概要

    技術仕様概要

    センサ原理磁気型
    アクチュエータのコードレベル低コードレベル (EN ISO 14119)
    出力タイプリード接点
    N/Cの数1 / 0
    N/Oの数1 / 2
    接続タイプ

    プラグコネクタ、M8、4ピン

    ケーブル

    M8オスコネクタ付きケーブル、4ピン

    M12オスコネクタ付きケーブル、4ピン

    M12オスコネクタ付きケーブル、8ピン

すべての技術データについては、各製品をご覧ください。

ダウンロード

上へ