Safe Motion: ノンストップで安全なプロセスを実現

A worker setting up a machine tool.
A worker setting up a machine tool.

安全な動作は機械稼働率を最大化するための基礎です

Safe Motionとは、機械動作を安全に監視および制御することを意味しています。これによりダウンタイムが低減し、機械のセットアップ時間が最適化されます。

ダイナミックな安全性により、高い生産性と効率的な生産を実現できます。その際Safe Motionの安全機能は、変化する防護フィールドに合わせて機械動作を自動的に適合させるために使用されます。この場合、操作性の改善そして据え付け型プラントでのプロセスへの最良のアクセスが特に効果を発揮します。さらに移動型アプリケーションのガードが無くなったことにより、機械設計時の柔軟性も向上しました。

Safe Motionの応用分野を発見してください!

 

移動型アプリケーションの安全な動作

最大限のモビリティは、無人搬送システム (AGV) を効果的かつ柔軟に使用するための前提条件です。Safe Motionが状況に応じて速度を調整するため、無人搬送システム (AGV) は静止せずに動き続けることができます。移動動作を最適に設計することで生産性が向上し、無人搬送システム (AGV) の車両を理想的に利用できるだけでなく、ガードなしでも安全に使用できるようになります。

 

無人搬送システム (AGV) のパフォーマンスを向上させる安全駆動監視

SICKのSafe Motionソリューションは、無人搬送システム (AGV) が柔軟に移動を続けることができるように移動方向と速度を監視します。防護フィールドは状況に応じて適応するので、無人搬送システム (AGV) は本当に必要な場合のみ停止します。

無人搬送システム (AGV) の安全監視向けソリューション

 

HIPERFACE®モータフィードバックシステムを介したモーションモニタリング

HIPERFACE®インタフェースを搭載したモータフィードバックシステムにより、信号がモータからサーボレギュレータへと高速かつ正確に伝送されます。安全制御装置と組み合わせることにより、システムは移動方向と速度を検出し、効率的な生産プロセスに積極的に貢献します。

HIPERFACE®モータフィードバックシステムを介したソリューションの概要

据え付け型アプリケーション向けに最適化されたセットアッププロセスおよびメンテナンスプロセス

SICKのSafe Motionは、モータの速度や位置などの機械パラメータを常に高い信頼性で監視し、機械の危険な動作を安全な動作に移行させます。安全に監視された軸と安全な動作モードにより、プロセス実行中でもワークピースの交換や機械のセットアップなど必要な介入を行うことができます。これにより高い稼働率と効率的なプロセスが保証され、オペレータの安全も確保されます。障害などによって機械を停止させる必要がある場合でも、Safe Motion機能により遅滞なくプロセスを再開することができます。

 

 

工作機械における動作パターンの最適化

Safe Motion機能を使用すると、工作機械で頻繁に行われるワークピースの交換をより迅速かつ効率的に行うことができます。機械の電源を完全に切断することなくワークピースの交換を行うことができます。交換後、生産プロセスはすぐに再開されます。

工作機械の安全監視向けのソリューション

 

切断ローラの効率的なセットアップ

従業員を保護すると同時に、経済的なプロセスから利潤を得ることができます!Safe Motion機能は、回転ローラを高い信頼性で安全に監視することで、最も大きな切断ローラであっても最短のセットアップ時間を確保します。

切断モータを効率的にセットアップするためのソリューション概要

すべてのパワートレインに適した安全コンセプト

異なる要件に応じて様々なソリューションが必要となります。オートメーションアーキテクチャによっては、外部または統合された安全コンセプトが必要になります。独自のソリューションを作成する際には、SICK安全専門技師の豊富なノウハウをご活用ください。シンプルまたは複雑な安全コンセプトの実装に関わらず、SICKが的確なアドバイスを提供します。

安全制限速度 (SLS) および安全方向 (SDI) などのドライブ安全機能を備えた定置型アプリケーションのパワートレインおよび安全アーキテクチャの例。

追加情報については、弊社までお問い合わせください。

 

Safe Motionのタスク

Safe Motionアプリケーションには、様々なコンポーネントによって実行される様々なタスクがあります。SICKでは、これらのタスクそれぞれに適した製品を提供しています。関連サービスを組み合わせることで、要件に相応しいシステムを構築できます。

 

Safe Motion von SICK wird im Zusammenspiel der 3 Tasks Measure, Monitor und Control realisiert.
 
Safe Motion von SICK wird im Zusammenspiel der 3 Tasks Measure, Monitor und Control realisiert.
 
  • Measure: 位置/角度/速度検出向けセーフティエンコーダおよびモータフィードバックシステム 
  • Monitor: 機械動作を安全に監視し、ドライブ安全機能を実行するためのモーションモニタリングモジュール 
  • Control: 安全制御装置が使用されているセンサからの入力信号を解釈し、必要に応じて適切な安全機能を制御します

 

Safe Motionソリューションの一元提供

異なるSafe Motion要件を個別に解決するには、複数の方法が考えられます。

弊社の安全専門家によるアドバイスをご利用ください。ターンキー方式のセーフティソリューションのメリットについては弊社までお問い合わせください: ターンキー方式のSICKセーフティソリューション。 

個別の要件に合わせたアドバイスに加え、ご自分で独自のソリューションを構築することも可能です。機能が最適に調整された弊社の包括的な安全ポートフォリオの中から、個々のコンポーネントを選択することができます。さらにSICKでは、移動型および据付型アプリケーション向けに、組み立て済みのセーフティシステムを提供しています。