outdoorScan3は雨にどのように対処しますか?

大雨でもセーフティレーザスキャナは高い信頼性で機能します。しかし「大雨」とは実際には何でしょうか?センサはこれをどのように感じ取っているのでしょうか?中程度の雨と非常に強い雨との違いは何でしょうか?そして、センサはそれぞれの状況にどのように反応するのでしょうか?この動画でこれらの疑問にお答えします!

動画は後まわしにして、とりあえず内容を把握したいですか?大まかな概要は次のとおりです:

A SICK expert explains how the outdoorScan3 safety laser scanner operates during moderate rain (<10 mm/h)

状況1: 中程度の雨

中央ヨーロッパにおける典型的な降雨がこれにあたります。この場合outdoorScan3は完全に機能します。

A SICK expert explains how the outdoorScan3 safety laser scanner operates during heavy rain (10-30 mm/h)

状況2: 強い雨

この種の雨は山岳地帯、あるいは雷を伴って発生します。outdoorScan3には適切な天候保護が備わっているため、こういった条件下でも機能することができます。場合に応じて、セーフティレーザスキャナは雨を物体として検知し、安全にシャットオフします。

A SICK expert explains how the outdoorScan3 safety laser scanner operates during very heavy rain (> 30 mm/h)

状況3: 非常に強い雨

一種の土砂降りで、通常は数分しか続きません。この場合、outdoorScan3は自動的に安全なオフ状態に切り替わります。雨が止むと、通常の動作が再開されます。

セーフティレーザスキャナ
屋外での自動化に適したセーフティレーザスキャナ
outdoorScan3