お問合せ
フィードバック

カラーセンサ
CSM

小型、シンプル、スマート

利点

  • 新型の超小型製筐体により既存アプリケーションへ素早く容易に統合できるため時間とコストを節約
  • 改善された機械生産性を目的としてスイッチング周波数を向上
  • 色許容差が幅広いため柔軟に応用可能
  • IO-Link機能による拡張されたインテリジェントな診断と視覚化、さらに簡単で迅速なフォーマット変更
  • 迅速で簡単なコミッショニングが設置時間を削減
  • 1つのジョブで最大8色を区別することによって仕分けプロセスを簡易化

概要

小型、シンプル、スマート

SICKの新型カラーセンサCSMは、そのIO-Link機能と超小型筐体だけでなく、改善された光沢特性を特長としています。CSMは色特性を確実に検出し、取付スペースが制限されている場合に理想的です。センサは色を基に対象物を検出および判定します。小型カラーセンサCSMは、簡単な学習プロセスを経て設定可能で、新しいIO-Link機能によりインテリジェントな診断、視覚化および簡単なフォーマット変更を行うことができます。最大スイッチング周波数が1.7 kHzであることから、CSMは迅速な機械プロセスおよび製造プロセスにも適しています。

概要
  • 新しい超小型筐体カラーセンサ
  • 制御ケーブルまたは操作パネルを介した色の静的ティーチインプロセス
  • IO-Link経由で最大8色まで学習可能
  • スイッチング周波数: 1.7 kHz
  • 検出範囲 12.5 mm
  • M12オスコネクタ付きケーブルによる以前のカラーセンサとの互換性

アプリケーション

技術概要

 
  • 技術仕様概要

    技術仕様概要

    検出範囲12.5 mm 1)
    光点サイズ1.5 mm x 6.5 mm
    スイッチング周波数1.7 kHz
    応答時間300 µs 2)
    出力 (チャネル)1色 / 8色 IO-Link経由
    設定1ポイントティーチイン
    接続タイプ

    オスコネクタ

    オスコネクタ付きケーブル

    ケーブル

    • 1) 対象物の前端から.
    • 2) 抵抗負荷における信号遷移時間.
すべての技術データについては、各製品をご覧ください。

ダウンロード

上へ