リニア測定センサ

リニア測定技術の新しい方向性

SICKのリニア測定センサには、位置、速度および長さを非接触で測定するための非常に革新的なテクノロジーが搭載されています。OLMセンサの場合は、カメラベースのシステムが、取付けられたバーコードラベルに基づいて現在位置を検出します。これは基準尺度として使用され、その上にOLMがバリエーションに応じて、最長10 kmの長さにわたって0.15 mmまでの精度で位置決めします。移動経路が直線であるか曲がっているかは関係ありません。

OLV製品群のセンサは、レーザドップラー方式を使用して長さと速度を検出します。このテクノロジーは、速度が80 m/sまで、材料温度が1,100 °Cまでの場合に、ほぼすべての材料での高精度の測定を可能にします。

フィルタ:

3 ヒット数:

ヒット件数 1 - 3 / 3

表示: ギャラリービュー リストビュー
小型の筐体での高い性能
  • 高精度の画像ベースのバーコード位置決めシステム
  • 最大10 m/sの走査速度が実現可能
  • カメラ技術により摩耗なし、メンテナンスフリー
  • 設定可能な分解能 最大0.1 mm
  • 固有の位置決め 最大10,000 m
  • コンパクトで極めて頑強なマグネシウム筐体
  • 幅広いインタフェースポートフォリオ: SSI、RS-422およびCANopen
  • –30 °C~+60 °Cにわたる広い動作温度範囲
今すぐ比較する
選択
小型の筐体での大きな柔軟性
  • 高精度の画像ベースのバーコード位置決めシステム
  • 毎秒最大4 mの走査速度を実現可能
  • カメラ技術により摩耗なし、メンテナンスフリー
  • 設定可能な分解能 最大0.1 mm
  • 固有の位置決め 最大10,000 m
  • コンパクトで極めて頑強なマグネシウム筐体
  • 幅広いインタフェースポートフォリオ: SSI、RS-422、RS-485およびCANopen
  • –30 ℃~+60 ℃の幅広い動作温度範囲
今すぐ比較する
選択
先駆的なフィールドバスでの位置決め
  • 高精度の画像ベースのバーコード位置決めシステム
  • 毎秒10 mの走査速度を実現可能
  • カメラ技術により摩耗なし、メンテナンスフリー
  • 設定可能な分解能 最大0.1 mm
  • フィールドバスインタフェースを介した位置出力および速度出力ならびに事前障害通知
  • –30 ℃~+60 ℃の幅広い動作温度範囲
今すぐ比較する
選択

ヒット件数 1 - 3 / 3