お問合せ
フィードバック

光データ伝送

光データ伝送 – 容易になった無線通信

データ伝送システムIDSを使用すれば、ワイヤレス通信が可能になります。典型的な使用領域の例として挙げられるのが保管・搬送技術におけるスタッカクレーンであり、そこでは車両から定置型設備側へのワイヤレス通信を確立するために使用されます。光データ転送システムを構成する投光器と受光器のペアでは、光軸の方向が調整されており、長距離での双方向通信が可能になっています。つまり摩耗フリーでコスト効率が高く、垂下ケーブルに代わる極めて信頼性の高い代替手段となり得ます。

フィルタ:
200.0 m 300.0 m

2 ヒット数:

ヒット件数 1 - 2 / 2

表示: ギャラリービュー リストビュー
長い伝送距離用の光データ伝送
  • 最大伝達距離 300 m
  • データ伝送速度は2 Mbit/sまでパラメータ化可能
  • 微調整用の棒グラフ表示
  • 粗調整用の視覚的補助
  • 多様なインタフェース: PROFIBUS、Ethernet、DeviceNet、Modbus
今すぐ比較する
選択
無線データ通信 – 簡単で高速
  • ISD400 Coreの場合のPROFIBUS DPインタフェース
  • ISD400 Proの場合のプロトコルフリーのFast Ethernetインタフェース
  • ISD400 Proのでの伝送速度100 Mbit/sのFast Ethernet
  • 装置を開かずに行える接続と操作
  • –40 °Cまで使用できるヒータ付きのバリエーション
今すぐ比較する
選択

ヒット件数 1 - 2 / 2

上へ