連続排ガス監視システム (CEMS)
PowerCEMS50

排出量を効率的かつ簡単に測定

利点

  • 高い信頼性とわずかなメンテナンスコスト
  • 簡単な取付と迅速なコミッショニング
  • コンパクトなデザインによるわずかな必要スペース
  • 魅力的なコストパフォーマンス

概要

排出量を効率的かつ簡単に測定

連続排出量測定システム (CEMS) PowerCEMS50は、化石燃料を使用する発電所における排出量測定専用に開発されました。ガス調製と接続した分析装置1台を装備した抽出式の基本システムは、代表的なガス成分であるCO、NOx、SO2およびO2を測定するために設計されています。分析システムPowerCEMS50は、産業使用での性能を損なうことなく、コンパクトな設計と魅力的なコストパフォーマンスを提供します。

概要
  • あらゆる一般的な排気ガスパラメータを測定可能 (O2、CO、NOx、SO2)
  • サンプリングシステム一式を装備 (サンプルガス採取フィルタ、サンプルガス冷却器、一体型サンプルガスポンプ)
  • MCERTS認定
  • EN 61000-6とEMCに準じてテスト済み、CEマーク付き
  • 測定値の出力はアナログ (4 ... 20 mA) またはデジタル (Modbus)

アプリケーション

ダウンロード