連続排ガス監視システム (CEMS)
MINESIC700 GHG

温室効果ガス排出量の正確な測定

利点

  • 信頼できる超音波流量およびガス測定技術を利用した、定評ある温室効果ガス測定
  • 法的要件と一致した温室効果ガス排出量の高精度な測定および報告
  • 測定不確実性が低い正確なコスト算出により税額を低減可能
  • 簡単な取り扱いとメンテナンスによるわずかな運用コスト
  • SICK LifeTime Servicesによるサポートオプションを含む包括的なサービスパッケージで完璧にコスト管理可能

概要

温室効果ガス排出量の正確な測定

連続排出量測定システム (CEMS) MINESIC700 GHGは、炭鉱坑内の温室効果ガスを測定し、温室効果ガス排出量を計算します。サンプルガスを抽出し、NDIR分光法を用いて温室効果ガス成分の濃度を特定します。 さらに、超音波技術を使用してガス流量を測定するほか、温度、圧力、湿度も測定します。データ取得・分類のために特別開発されたソフトウェアパッケージを使用して、適用される法律に準じて結果が算出および表示されます。MINESIC700 GHGによる監視を通して、コストを正確に算出し、税額を低減させることができます。

概要
  • 測定不確実性が非常に低く信頼性の高い測定を実現。
  • 最大5つの測定点まで対応可能な自動切替
  • 温室効果ガス排出量全体の算出と記録を行うソフトウェアパッケージ
  • IECExゾーン1機器を使った流量/圧力/温度測定
  • 独立したキャビネットとして使用可能、またはMINESIC700 TBSに統合

アプリケーション

ダウンロード