お問合せ
フィードバック

ネットワーク化された未来の工場におけるネットワーク形成およびデジタル化

通信は変化しつつあります。ガラス生産における機械とセンサは、相互に通信したり、直接Ethernetやクラウドとも通信したりできます。クローズされたシステムからオープンなシステムへと変わります。しかし変化しているのは、現場で直接処理される情報量だけではありません。品質もまた、まったく新しいレベルに引き上げられます。 

センサで直接新しいデータ品質

生産設備の状態に関する情報、および生じ得る生産停止に関する予測は、革新的なフィードバックシステムを採用して実現できることの一例です。こうした機能はコンピュータ能力の急激な向上により可能になり、いわゆるエッジ内、つまりネットワークのエッジや生産ベースで、この処理能力を分散的に使用することができます。その結果、お客様の要件に合わせていつでも個別かつ迅速に対処できる、より柔軟性に富んだダイナミックな生産が実現します。

向上における今日の通信レベル

現在最も一般的なセンサから制御ユニットへの通信形態、およびその上に配置されたプロセス制御レベル、生産レベル、そして企業レベルは、クローズされたシステムです。ここでデータは、フィールド機器、つまりセンサおよびアクチュエータからプログラマブルロジックコントローラPLCへと通信されます。

インダストリ4.0時代の通信レベル

今後、分散型コンピュータ能力は、センサで直接情報を処理するようになります。決定も分散的に行われます。プロセス、生産および企業に関連した情報は、直接Ethernetおよびクラウドに転送されます。

ネットワーク化された情報

プロセス全体の管理にとって、クラウドは今後ますます重要となります。実際の主要なコンピュータ処理能力は、今後ますますエッジに移転されることになります。センサが取得したデータをここで情報として処理し、これらの情報は、後続プロセスのためにEthernetまたはクラウドでさらに処理されます。

 

インダストリ4.0のその他の基礎

ご質問がおありですか?またはアドバイスをご希望ですか?

お問い合わせください 

上へ