お問合せ
フィードバック

モータフィードバックシステム ロータリインクリメンタル

非同期モータ向けの堅牢なソリューション

インクリメンタルモータフィードバックシステムは、電気モータの位置、回転方向、速度を検出する測定システムを意味します。1回転当たりのライン数が分解能を決定します。位置検出は原点参照ドライブにより可能です。その後、位置はパルス計数としてマッピングされます。

インクリメンタルモータフィードバックシステムは主に速度制御に使用されます。

これらは機械的および電気的に非同期モータに適合されます。あらゆる一般的な電気的インタフェースを利用することができます。

1 ヒット数:

製品群 VFS60
VFS60 - 頑強、多様、非同期モータ向けに完璧に適合
  • インタフェースTTL、HTL、またはサイン 0.5 VSS
  • 1回転当たり最大65,536ラインの分解能
  • インタフェース、ライン数、ゼロパルスの個別プログラミング
  • RS485経由の直接プログラミング
  • ボールベアリングの間隔が広いことによる優れた同心性
  • 卓越した堅牢性
  • 保護クラス IP 65
  • 直径8 mm~15 mmのブラインドホローシャフトおよびスルーホローシャフトによる機械的柔軟性、様々なステータ継手付きで提供
  • 温度範囲 –30 °C~+100 °C
  • プラスチックスリーブによる絶縁シャフト接続可能
上へ