ロータリ モータフィードバックシステム HIPERFACE®
SFS/SFM60

ホローシャフト仕様の高分解能モータフィードバックシステム

利点

  • モータ固有のデータの電子データへの保存による、快適な追跡および容易なメンテナンス
  • ボールベアリングの間隔が広いため偏った摩耗が低減され、エンコーダ筐体の振動を最小限に抑えられるためエンコーダの耐用年数が向上
  • ニッケル製のコードディスクは高い耐振動性と拡張された温度範囲を提供
  • 標準化された機械的インタフェースにより開発期間を短縮
  • 将来性のあるプラットフォーム: あらゆる電気的インタフェース (TTL/HTL、1Vpp、SSI、PROFIBUS、HIPERFACE DSL®) が本メカニズムで現在利用可能または利用可能となる予定

概要

ホローシャフト仕様の高分解能モータフィードバックシステム

光学的に高分解能でソリッドシャフト仕様のモータフィードバックシステムSFS/SFM60が加わることにより、SICKのポートフォリオは完全となります。特に内部換気および外部換気の同期モータでは、この構造が様々なホローシャフトや高い保護クラス (IP65) といったお客様の要件に適合します。製品バリエーションが数多く提供されているため、ほぼすべての要件を満たすことができます。モータフィードバックシステムSFS/SFM60は、世界で標準化されているインタフェースを採用しています。これにより、最大限の柔軟性が保証される上、優れたプラグアンドプレイにより取付時間を削減することができます。頑強なシャフトベアリングにより、耐用年数が向上すると同時に、サービスやメンテナンス作業が軽減され、最高動作速度と最適な同芯度でも振動がありません。

概要
  • シングルターンおよびマルチターン仕様によるHIPERFACE®モータフィードバックシステムは、世界をリードする駆動システムと互換性あり
  • サイン/コサイン周期 1回転当たり1,024
  • マルチターンシステムでは1回転当たり32,768ステップならびに4,096回転の分解能による絶対位置
  • 様々なブラインドホローシャフトおよびスルーホローシャフト直径 (直径8~15 mm ) による機械的な柔軟性、様々なステータ継手で入手可能
  • 保護クラス IP65
  • SIL2/PL dに準拠して認証済み (SFS60S/SFM60S...のみ該当)

 

移動型ロボット:
Move into new dimensions

ロボット工学は生産、ロジスティクスやサービスなどで普及しています。移動型ロボットのあらゆるバリエーションに適したセンサソリューション

詳細はこちら

アプリケーション

技術概要

 
  • 技術仕様概要

    技術仕様概要

    構造Standalone
    仕様アブソリュート・シングルターン / アブソリュート・マルチターン
    通信インタフェースHIPERFACE®
    1回転当たりのサイン/コサイン周期1,024
    安全関連システム– / ✔
    機械的インタフェース

    ブラインドホローシャフト, 8 mm

    ブラインドホローシャフト, 3/8″

    ブラインドホローシャフト, 10 mm

    ブラインドホローシャフト, 12 mm

    ブラインドホローシャフト, 1/2″

    ブラインドホローシャフト, 14 mm

    ブラインドホローシャフト, 15 mm

    スルーホローシャフト, 8 mm

    スルーホローシャフト, 3/8″

    スルーホローシャフト, 10 mm

    スルーホローシャフト, 12 mm

    スルーホローシャフト, 1/2″

    スルーホローシャフト, 14 mm

    スルーホローシャフト, 15 mm

    接続タイプ

    オスコネクタ, M23, 12ピン, ラジアル

    オスコネクタ, M12, 8ピン, ラジアル

    ケーブル, 8芯, ラジアル, 1.5 m

    使用可能なメモリ領域1,792 Byte E2PROM 2048
    測定原理光学
すべての技術データについては、各製品をご覧ください。

ダウンロード