お問合せ
フィードバック

IO-Link – センサレベルでの新しい通信

IO-Linkは、設備制御装置とフィールドレベルとの通信における新しい可能性を提供します。これによりセンサとアクチュエータは、一貫した自動化ネットワークに積極的に参加するプロセス装置へと進化します。送信機としては、エラーとステータスを自動的に制御装置に通知します。受信機としては、逆に信号を受信して処理します。その結果、どのような業界でもサプライチェーン全体でコストとプロセスを最適化できるようになります。

IO-Linkには、下位フィールドレベルの通信統合を目的とした任意のネットワークに設置可能なポイントツーポイント接続を含んでいます。

IO技術の基本

センサの自動化ネットワークへのシームレスな統合は、新しい標準機能と利点を提供します。

IO-Link標準機能の利点
IO-Linkセンサのオートメーション全体への統合は、IO-Linkマスタ、デバイス記述 (IODD)、および機能ブロックを使用して行います。 IO-Linkと共に自動化技術を拡大

Smart Sensorsの特徴として、すべてのセンサにIO-Linkが含まれています。その他の特性も、インダストリ4.0における将来性のある自動化システムの基礎をなしています。

スマートセンサ技術にご興味がおありですか?
上へ