お問合せ
フィードバック

慣性センサ

位置、傾斜、加速 - 慣性センサ

プロセスの自動化、とりわけ高度なアプリケーションやモバイルアプリケーションにおける自動化には、対象物の位置情報が欠かせません。SICKはこの目的のため、シンプルな静的アプリケーション向けから高度な動的アプリケーション向けにわたる、幅広い慣性センサを提供しています。

詳細

傾斜センサ

高精度の非接触式傾斜測定

静電容量式のMEMS技術を用いた非接触の傾斜センサは、ゆっくりとした動きの、または比較的均等な動きの対象物の傾斜を測定するのに適しています。この経済的なセンサは1次元と2次元の両方の測定において、非常に高精度で信頼性の高い値を提供します。

製品の選択

ダイナミックな傾斜センサ

ダイナミックなアプリケーションにおける正確かつ確実な傾斜センサ

移動型アプリケーションで正確な傾斜値を得るためには、加速、振動、衝撃を可能な限りフィルタリングする必要があります。1次元あるいは2次元の測定でも、加速度センサとジャイロスコープを組み合わせることで、要求の厳しいアプリケーションに安定したデータ基盤をつくることができます。

製品の選択
慣性センサ
傾斜センサ
ダイナミックな傾斜センサ

ソリューションを選択してください

適した製品または製品群をここで検索できます

測定原理
通信インタフェース
通信インタフェース詳細
保護等級
フィルタ:

59 ヒット数:

ヒット件数 1 - 8 / 59

傾斜センサ
TMS/TMM22
  • 軸数: 2
  • 測定範囲: ± 90°
  • 分解能: ≤ 0.015°
  • 通信インタフェース: アナログ / 0...10 V
  • ハードウェアピンを介した0セット機能: あり
  • 筐体材質: プラスチック (PA12) ガラス繊維強化
  • 接続タイプ: ケーブル, 5芯, 5 m
詳細
今すぐ比較する
傾斜センサ
TMS/TMM22
  • 軸数: 2
  • 測定範囲: ± 45°
  • 分解能: ≤ 0.015°
  • 通信インタフェース: アナログ / 4...20 mA
  • ハードウェアピンを介した0セット機能: あり
  • 筐体材質: プラスチック (PA12) ガラス繊維強化
  • 接続タイプ: ケーブル, 5芯, 1.5 m
詳細
今すぐ比較する
傾斜センサ
TMS/TMM22
  • 軸数: 1
  • 測定範囲: 360°
  • 分解能: ≤ 0.03°
  • 通信インタフェース: アナログ / 4...20 mA
  • ハードウェアピンを介した0セット機能: あり
  • 筐体材質: プラスチック (PA12) ガラス繊維強化
  • 接続タイプ: ケーブル, 5芯, 3 m
詳細
今すぐ比較する
傾斜センサ
TMS/TMM22
  • 軸数: 2
  • 測定範囲: ± 90°
  • 分解能: ≤ 0.015°
  • 通信インタフェース: アナログ / 4...20 mA
  • ハードウェアピンを介した0セット機能: あり
  • 筐体材質: プラスチック (PA12) ガラス繊維強化
  • 接続タイプ: ケーブル, 5芯, オスコネクタ付き, M12, 5ピン, 1 m
詳細
今すぐ比較する
傾斜センサ
TMS/TMM22
  • 軸数: 1
  • 測定範囲: 360°
  • 分解能: ≤ 0.03°
  • 通信インタフェース: アナログ / 4...20 mA
  • ハードウェアピンを介した0セット機能: あり
  • 筐体材質: プラスチック (PA12) ガラス繊維強化
  • 接続タイプ: ケーブル, 5芯, オスコネクタ付き, M12, 5ピン, 1 m
詳細
今すぐ比較する
傾斜センサ
TMS/TMM22
  • 軸数: 1
  • 測定範囲: 180°
  • 分解能: ≤ 0.03°
  • 通信インタフェース: アナログ / 0...10 V
  • ハードウェアピンを介した0セット機能: あり
  • 筐体材質: プラスチック (PA12) ガラス繊維強化
  • 接続タイプ: ケーブル, 5芯, 0.3 m
詳細
今すぐ比較する
傾斜センサ
TMS/TMM22
  • 軸数: 2
  • 測定範囲: ± 45°
  • 分解能: ≤ 0.015°
  • 通信インタフェース: アナログ / 0...10 V
  • ハードウェアピンを介した0セット機能: あり
  • 筐体材質: プラスチック (PA12) ガラス繊維強化
  • 接続タイプ: ケーブル, 5芯, オスコネクタ付き, M12, 5ピン, 0.3 m
詳細
今すぐ比較する
傾斜センサ
TMS/TMM22
  • 軸数: 2
  • 測定範囲: ± 10°
  • 分解能: ≤ 0.015°
  • 通信インタフェース: アナログ / 4...20 mA
  • ハードウェアピンを介した0セット機能: あり
  • 筐体材質: プラスチック (PA12) ガラス繊維強化
  • 接続タイプ: ケーブル, 5芯, オスコネクタ付き, M12, 5ピン, 0.3 m
詳細
今すぐ比較する

ヒット件数 1 - 8 / 59

利点

どのような環境でも簡単にセンサ統合

SICKの慣性センサは信頼性、高性能、コンパクトな設計を兼ね備えています。据付け型アプリケーションから移動型作業機械まで:アナログインタフェース、CANopen、SAE J1939などのさまざまなインタフェースが、さまざまなアプリケーション、機械設計、システム環境において、正確にカスタマイズされたセンサ統合を実現します。すべてのインタフェースはパラメータ設定可能です。さらにSICKでは、慣性センサ用のアルミ製やプラスチック製の耐衝撃性筐体バリエーションも用意しています。

省スペースのセンサ

コンパクトなセンサ設計により、狭い取付けスペースでもアプリケーションに簡単に組み込むことができます。TMS/TMM22のサイズはわずか38.8 mm x 30 mm x 10.4 mmです。TMS/TMM61では、例えば筐体寸法68 mm x 36.3 mm x 20.7 mmを用意しています。

アプリケーション固有のプログラミング

各種インタフェースやハンドヘルド型プログラミング装置PGT-12-Proを使って、センサを特定のアプリケーションに合わせてプログラミングすることができます。

機械制御装置への簡単な接続

ストレートやアングルのM12オスコネクタ、オープンストランドなどの一般的な接続タイプに加え、お客様のご要望に応じて特別仕様もご提供します。

頑強な筐体バリエーション

SICKの慣性センサにはアルミ製とまたはプラスチック製の筐体があります。これらの筐体はその優れた耐久性でエレクトロニクスを最適に保護するため、多くのアプリケーション要件に適しています。

SICKの慣性センサは、さまざまなサイズ、インタフェース、筐体バリエーションにより、ほぼすべてのタスクや取付状況に適したソリューションを提供します。

全次元での正確な傾斜測定

信頼性の高い傾斜値を得るためには、振動や加速動作による干渉を確実にフィルタリングする必要があります。高精度な静電容量型MEMSセンサは摩耗フリーで動作します。デジタルフィルタを使用すれば正確な傾斜を特定することができます。これにより慣性センサの高い分解能と測定精度が永続的に保証されます。SICKは1軸または2軸の測定範囲を備えたソリューションを提供します。

1軸または2軸の傾斜特定

SICKの慣性センサは測定範囲360°の1次元ソリューションおよび測定範囲± 90°の2次元ソリューションとして利用可能です。

確実な干渉抑制

高性能デジタルフィルタが信号からの干渉を除去することにより、測定信号を安定させ信頼性の高い傾斜値を提供します。ローパスフィルタは事前に定義された限界周波数を超える振動を抑制します。

パラメータ設定可能なゼロ点

プリセット機能により、ユーザはセンサを簡単にゼロ設定できます。これによりお客様の現場におけるセンサ統合が大幅にスピードアップし、簡素化されます。

干渉のない動的傾斜センサ

移動型アプリケーションでは、加速動作の影響を受けることなく確実に傾斜を特定できます。センサフュージョンのアルゴリズムが加速度センサとジャイロスコープからの測定信号を組み合わせることで、センサが安定した傾斜信号をシステムに送信します。

革新的なMEMS技術と高性能のデジタルフィルタが、外部からの干渉を受けない、信頼性の高い安定した傾斜信号を生成します。

埃と湿気に強い頑強な設計

多くのアプリケーションにおいて、慣性センサは過酷な環境条件にさらされています。大きな温度差、直射日光、水などが測定値に影響することがあってはなりません。この理由からSICKの慣性センサのエレクトロニクスは完全に押出被覆または密閉されています。またパラメータ設定可能なデジタルフィルタにより、動作中の出力信号を一定に保つことができます。

エレクトロニクスのカプセル封入による完全な保護

SICKの慣性センサの信頼性を最大限に高めるため、エレクトロニクスは製品バリエーションに応じて完全に押出被覆または密閉されています。それにより製品はIP65、IP66、IP67、IP68、IP69Kまでの高い保護等級の基準を満たしています。

過酷な環境条件のために開発

SICKの慣性センサは高い要求を満たします。優れた温度耐性と耐紫外線性を持つセンサは、多くの屋外アプリケーションを可能にします。この堅牢なセンサは移動型アプリケーションの高圧洗浄にも優れています。

信頼性の高い出力信号

慣性センサのデジタルフィルタは、現地のアプリケーションに合わせてカスタマイズできます。例えば振動によって生じる特定の周波数は、ローパスフィルタの的確なパラメータ設定によって補正することができます。その結果、補正済みの安定したデータ基盤が手に入ります。

どんなに厳しい動作条件であっても、SICKの慣性センサは最大の稼働率と持続的な高精度を提供します。

静的および動的な用途で非常に高いパフォーマンス

SICKの慣性センサは様々な分野でその強みを発揮します。農業/林業機械、建設機械、無人搬送システムなどの移動型アプリケーションにおいて、頑強なセンサ設計および豊富なパラメータオプションを備えたセンサフュージョンの強力なアルゴリズムにより、安定した測定値を得ることができます。ソーラモジュールの方向調整、倉庫アプリケーション、クレーンおよび吊り上げ技術などの動きの遅いアプリケーションでは、旧来の傾斜センサがその信頼性の高いMEMS技術と高い経済効率で評価されています。
消防車 (空中作業車) のバスケットの傾斜検出 2次元で動作する傾斜センサTMM61は、人物をゆっくりと水平に搬送するためにバスケットの傾斜を検出し、制御を目的としてこの情報を上位の制御装置に転送します。補正された交差感度およびパラメータ化可能な振動抑制を特長とするTMM61は、正確で信頼性の高い位置決めを可能にします。
パラボリックトラフ – CSP発電所における追尾 このシステムでは、放物面鏡 (パラボリックミラー) を使用して太陽光を集光します。太陽光は、対称面に対して平行に鏡に当たり、焦線に沿って集光され、例えばオイルなどの熱伝達媒体を加熱します。最適な効率を達成するために、鏡の位置は一日中常に太陽の移動を追尾する必要があります。傾斜センサは、放物面鏡の実際の位置を制御装置に通知します。パラボリックトラフの方向調整および位置調整には、過酷な環境条件下でも高精度で機能する傾斜センサを使用することができます。
注湯機の傾斜角度検出 アノードブロックとキャリアの接合では、「接着剤」として鋳鉄を使用します。るつぼからキャリアとアノードブロックの間の空間に、傾斜装置によって鋳鉄が流し込まれます。この際、傾斜装置の正確な傾斜度が明らかでなければなりません。傾斜センサTMS/TMM88は、傾斜装置の傾斜度を正確に測定します。測定は一次元または二次元で行われます。このため、センサは傾斜軸に対して横方向の傾斜誤差を検出することもできます。センサは完全にカプセル化されたエレクトロニクスを含むアルミニウム製筐体に収納されているため、過酷な環境条件下でも影響を受けることはありません。
船の傾きの測定 スタビライザを使用することで波の動きの大部分を補正することができます。傾斜センサTMSを介して船の傾斜が記録され、スタビライザが最適に配置されます。それによりヨットは水中に静かに「横たわった」状態になります。これにより、走行抵抗に合わせて調整された最適な船舶位置、それによる燃料の削減、またさらに乗客の船酔いが減るなど、多くのメリットを得ることができます。これを実現するのは、高精度で頑強なSICKの傾斜センサです。
垂直ストレージシステムでのトレイ傾斜の測定

傾斜センサは、垂直ストレージシステムでのスムーズな保管を保証し、機械的な損傷を防ぎます。センサはトレイの傾斜を測定し、片寄った積み荷や不均等な積み荷を高い信頼性で検出します。その他のメリット: 傾斜センサは、わずかなスペースしかない場合も最適に取り付けることができます。

ソーラセル – 太陽電池の追尾

太陽光発電システムでは、傾斜センサがソーラモジュールの各傾斜位置を制御装置に通知します。SICKのTMS/TMM22傾斜センサは、過酷な環境条件下においても、正確な非接触傾斜測定を可能にします。センサは1次元または2次元測定に使用できるほか、エレクトロニクスが完全にカプセル化されているため、高い稼働率を実現できます。

インタフェース

ダウンロード

上へ