エレベータシャフトの最終位置の監視

セーフティポジションスイッチ i110Rは、風力タービンのエレベータシャフト内の上部または下部最終位置のオーバーランを検出します。最終位置に到達すると、エレベータの駆動装置が確実に停止します。i110Rは頑強な金属筐体に収納されているため、過酷な環境にも非常に適しています。

  • 以下の製品群を使用することができます
    定評ある安全な位置監視
    • 規格化された金属製筐体
    • プラスチックローラ付きの金属製旋回レバー
    • 1つのケーブルグランドM20 x 1.5
    • 最大4個の接点付きのスローアクションスイッチング素子またはスナップ動作スイッチング素子