中央潤滑システムのバルブピストン開度の監視

風力タービンにおける中央潤滑システムのタスクは、軸受などの回転部品を十分に自動で潤滑することです。潤滑システムの中央ディストリビュータにあるIMBセンサは、バルブピストンが開いているかどうかを監視します。これにより、風力タービンのすべての関連部品の確実な潤滑を確保し、コストのかかる計画外のメンテナンス作業を回避することができます。

  • 以下の製品群を使用することができます
    過酷な環境条件におけるアプリケーションを対象とした頑強な標準
    • 形状: M8~M30
    • 向上した検出距離: 2 mm~20 mm
    • 電気仕様: DC 3/4線式、DC 2線式
    • 保護等級: IP 68、IP 69K
    • 温度範囲: –40 °C~+100 °C
    • 頑強なステンレススチール製筐体、プラスチック製感知面
    • 視覚的調節インジケータ、IO-Link-ready
    • 冷却潤滑剤に対する耐性および耐油性、屋外使用に最適