お問合せ
フィードバック

廃棄物とリサイクル

廃棄物焼却時の廃棄物から生じるエネルギーおよび排出量とプロセスの管理

廃棄物に含まれる成分は、焼却時にますます積極的に利用されるようになっており、廃棄物の活用は一段と重要度を増しています。この際の排出量については、厳しい制限値が設けられています。例えば廃棄物焼却炉に対しては、ヨーロッパの指令であるWaste Incineration Directive (WID) 2000/76/EUに準拠して設定されています。SICKの分析システムは、焼却の最適化、煙道ガス浄化プロセスにおいて、あるいは排出量の連続監視のために使用されています。SICKは完全な測定技術とデータ評価を一手に提供しています。

廃棄物とリサイクル
事業セグメント 1
廃棄物焼却炉 (waste to energy)
事業セグメント 3
バイオガスシステム
事業セグメント 4
火葬場
事業セグメント 5
弾薬処分
上へ