接合部の点検および測定

タイヤ製造中のタイヤの接合部点検を含む品質管理は、従来機械オペレータによって手動で行われていました。今日このプロセスは、3DビジョンセンサRanger3により自動化されているため、大幅に不良品を低減することができます。このセンサはゴムなど暗色の材料でも高い信頼性で異常のある接合部を的確に検出できます。

3DビジョンセンサRanger3は、接合部の隙間、重複、折れたり開いたりしている箇所を検出します。

  • 以下の製品群を使用することができます
    小型筐体で優れた3D性能を発揮
    • 卓越した3D性能を発揮するROCC技術搭載のSICKのCMOSセンサ
    • 最大処理速度 15.4 ギガピクセル/s。
    • フルサイズ 7 kHzでの3Dプロファイル
    • センサ分解能: 最大2,560 x 832 px
    • GigE VisionおよびGenICamに準拠
    • 1台の機器による3D測定、反射測定、散乱光測定
    • 産業用筐体、オプションで保護等級IP65/67も提供