電動オーバーヘッドコンベアにおける走行経路監視

電動オーバーヘッドコンベアでは、2DレーザスキャナTiM3xxによってFOUP搬送システム同士の衝突が回避されます。その際、TiM3xxを外部コンピュータシステムに直接接続する必要はありません。その代りに、所定の経路に沿って予めプログラミングされたフィールドがアクティブになります。複数の車両が同一空間で作業可能となるため、自動化効率が向上します。

生産ロジスティクスがスマートに

完結する流れ - 生産現場のどの隙間も見逃さない生産ロジスティクス向けセンサソリューション

もっと詳しく知る