お問合せ
フィードバック

ロボット工学

ロボットの効率的な使用を実現するインテリジェントなセンサ

トレーラーを見る

対等な立場での共同作業

ロボット工学向けのセンサソリューション

人とロボットの緊密な共同作業は増加しています。その際、SICKのセンサは決定的な役割を果たしています。センサによりロボットは正確に知覚できるようになります。ロボットビジョン、Safe Robotics、アームエンドツーリング、位置フィードバックが、ロボット工学のあらゆる課題において対等な立場で共同作業を行うための前提条件となります。

詳細

Safe Robotics

ロボットシステムにおける安全性と生産性

トレーラーを見る

Robot Vision

Robot Vision 向けのSICK製品およびソリューション

トレーラーを見る

End-of-Arm Tooling

SICKはアームエンドツーリングで、グリッパとロボットツールが確かな指先のタッチで作業を行うことができるよう、洗練されたセンサ技術を提供しています。

トレーラーを見る
ロボット工学
対等な立場での共同作業
Safe Robotics
Robot Vision
End-of-Arm Tooling

ソリューションを選択してください

You will find the right applications here

概要

ロボットの効率的な使用を実現するインテリジェントなセンサ

SICKは、三角測量、タイムオブフライト、デジタル画像処理、3Dレーザ三角測量など、様々な測定方法を備えた革新的でインテリジェントなセンサを幅広く提供しています。この多様性により、測定データの生成、処理、伝送での柔軟性が高くなり、ロボットガイダンスに求められるあらゆる要件を満たすことができます。SICKでは、ロボットセル向けの一貫した安全コンセプトを有効な規格に基づいてお客様とともに実現します。業界をまたいだノウハウとセンサ専門知識を持つSICKは、ロボットアプリケーションの理想的なパートナーです。

トレンド & ニュース

SICKとKEBAによるロボットオペレーティングシステム (ROS): 多様性と簡素化

誰もが同じ言葉を話せたなら、多くのことが簡単になるでしょう。しかし、コミュニケーションは人間同士だけでなく、人間と機械の間、ロボットと機械制御装置の間、アプリケーションとクラウドの間でも重要です。ロボット工学にとって、オープンソースのロボット制御ソフトウェアROSは、まさにこのような課題のための普遍的な言語と言えます。

> 詳細

コボットのクラウスとクララ: SICK Safetyによる協働ロボット

コンチネンタルは、世界をリードする自動車サプライヤーの1つです。自動車産業において、車両モデルのモデル品種やバリエーション種類および派生製品が短い製品寿命サイクルで増加するに伴い、サプライヤのダイナミクスも高まっていきます。

> 詳細

重量物にも簡単に対応 - 移動型重量ロボット向けのセーフティソリューション

最新の生産現場では、人間とロボットの共同作業がより密接になっています。インダストリ4.0の時代に合った、フレキシブルなおかつ安全な自動化ソリューションを実現するには、防護柵の撤廃と、様々な場所で使用可能なロボットが必要です。

> 詳細

課題

Robot Vision ロボットの視野を拡大し、フォーカスを定めるカメラベースのソリューション。ロボットはSICKのビジョン技術を使用して、事前に定義された対象物の位置を特定して識別し、各パーツをどのように把持するかを自ら決定します。この場合、対象物ガイドなどの機械的構造は不要になります。測定と品質検査も可能です。接合プロセスなどでは、光学監視システムがこの方法で製品の位置と品質を点検し、プロセスを調和させます。
Safe Robotics 密接であると同時に安全な人間とロボットの対等な共同作業は、高い生産性、効率向上、より優れた人間工学を実現するための前提条件となります。ここで重要なカギを握るのは安全技術です。SICKのセーフティソリューションの包括的なポートフォリオにより、作業員は妨害なく安全にロボットシステムに介入できるようになり、生産におけるダウンタイムの低減につながります。インテリジェントで信頼性の高いセンサとセーフティシステムによる環境の適応認識を通して、この目標を達成することができます。
End-of-Arm Tooling 特にロットサイズ1の柔軟な生産では、グリッパアームの感度がますます重要な意味を持つようになっています。ここでは、複雑で自動化されたアプリケーションでのインテリジェントな対象物検出が主要な課題となります。その際、材料、表面または形状など関する特殊な対象物特性に合わせて、光源と検出機能をカスタマイズして、事前設定することができます。SICKのインテリジェントなセンサは、アームエンドツーリングと関連する供給システムでの用途すべてをカバーします。
Position Feedback

ロボットのモータフィードバックシステムは、速度、位置ならびに駆動装置の状態に関するデータを駆動制御装置と制御装置に供給します。つまり、これらはロボットの全動作の知覚基盤を形成します。SICKのSmart Motor Sensorは、中心となってロボットとプラントを効率的に制御するために必要なデータを提供します。

ダウンロード

上へ