お問合せ
フィードバック

モバイルオートメーション

機械および車両の自動化

SICKは、自律式の移動型作業機械に至るまで、高度に自動化された移動型作業機械の実現に向けて、有能なパートナーとしてお客様をサポートします。

トレーラーを見る

移動型アプリケーション

移動型に対応する自動化

エレクトロニクスやセンサ技術の急速な進歩は、今日の移動型作業機械の革新レベルを決定するものです。農業機械および林業機械、建設用機械および鉱業用機械、また特殊車両および自治体車両のメーカーやユーザーは、インテリジェントなセンサの潜在能力を利益として採り入れています。

詳細はこちら

Outdoor Safety

限界を超える

高い生産性は、屋内だけでなく屋外領域でもお客様が最も重要視するテーマです。

詳細はこちら
モバイルオートメーション
移動型アプリケーション
Outdoor Safety

ソリューションを選択してください

You will find the right applications here

概要

高性能の移動型作業機械向けのインテリジェントなセンサ

SICKは、自律式の移動型作業機械に至るまで、高度に自動化された移動型作業機械の実現に向けて、有能なパートナーとしてお客様をサポートします。センサとセンサシステムの統合により、日常での使用に適したインテリジェントなソリューションが生まれます。こうしたソリューションは、プロセスのコストを低下させる一方、同時に生産性を向上させるという要望を満たすものです。モバイルオートメーションの分野には、農業機械および林業機械、建設用機械および鉱業用機械、また、特殊車両および自治体車両が含まれています。モバイルオートメーションにおけるセンサの主な役割は、衝突警報、輪郭ガイド、位置決め、検出です。これについてSICKでは、標準センサの他に、アプリケーションアルゴリズムを組み込んだインテリジェントなセンサ、さらには複雑なシステムソリューションに至るまで、広範なポートフォリオを提供しています。

専門分野

機械製造メーカーに適したソリューション

SICKは、包括的で革新的な技術ポートフォリオを備えています。SICKではこれらの技術に基づいて、移動型作業機械向けにオーダーメイドのセンサソリューションを提供しています。このポートフォリオは、標準センサの他に、アプリケーションソフトウェアを搭載したセンサ、さらには複雑なセンサシステムソリューションに至るまでをカバーしています。ご関心のある方は、ぜひお問い合わせください。詳しくアドバイスさせていただきます。

Motion Controlと位置決め

エンコーダ、傾斜センサ、近接センサ、超音波センサならびに圧力/レベルセンサなどのSICKのセンサは、移動型作業機械における多数の位置決めおよび検出タスクの基礎を形成しています。

衝突警報

SICKのLiDARスキャナまたは3Dビジョンセンサに基づいたドライバーアシスタンスシステムは、移動型作業機械周囲のブラインドゾーンを確実に検出し、危険源や事故発生源に対する警告を適時にオペレータに発します。これによりドライバーは生じ得る対象物との衝突を認識し、早期に衝突を回避することができます。車両や周囲の損傷に至ることは殆どありません。その結果、機械のダウンタイムと修理費用が減少します。

輪郭ガイド

SICKのLiDARセンサをベースにした輪郭ガイド用ドライバーアシスタンスシステムは、移動型作業機械の効率を向上させると同時に、オペレータの作業を軽減します。アプリケーションソフトウェアを搭載したインテリジェントなセンサにより、検出された生データは、車両データと共にすでにセンサ内で評価されます。従ってアプリケーション関連の結果は、煩雑な計算処理なしで、車両メーカーのドライバーアシスタンスシステムに提供されます。

トレンド & ニュース

3DアシスタンスシステムVisionary-Bは、後退走行時の事故を防止します

ケルンに本拠を置くPfeifer & Langen社では、山積みになったテンサイが毎年秋の風物詩になっています。ヨーロッパ有数の砂糖メーカーである同社には、テンサイの収穫期である繁忙期に何百万個ものテンサイが納入されます。大型トラックによって次々と納入されるテンサイをホイールローダが次の場所に分配する工程では、物流の面で膨大な手間が発生します。積み替え場とテンサイ置き場での、そして後退時のホイールローダと作業者の衝突回避に関する安全性を確実に高めるために、同社は同業者傷害保険組合RCIと密接に意見を交換した上で、鋭い目を持つSICKの3DドライバーアシスタンスシステムVisionary-B CVの採用を決定しました。

> 詳細

センサでスマートになる移動型作業機械

今日では、エレクトロニクスやセンサ技術の急速な進歩が、移動型作業機械の革新レベルを定義する決定的な要素になっています。農業機械および林業機械、建設用機械および鉱業用機械、また特殊車両および自治体車両のメーカーやユーザーは、SICKのインテリジェントなセンサが持つ潜在能力を活用しています。プロセスは、より効率的で正確になり、環境保護を考慮して構築されるようになります。

> 詳細

ドライバーアシスタンスシステムにより事故や衝突を回避

飛行機のグランドハンドリング時には毎年数十億ドルにのぼる被害が生じており、保険会社にとっては多額の補償金につながります。このため地上サービス業者は、高い保険料を支払わなければなりません。Lufthansa LEOS GmbHでは、飛行機の牽引時の損害を回避するために、レーザスキャナにおけるSICKの豊富な経験を信頼し、SICKのドライバーアシスタンスシステムAPSをトーイングトラクターで使用しています。 LEOSは、フランクフルトとミュンヘンで合計38台のトーイングトラクターを運営しています。各トラクターは一日当たり平均して8~15回牽引またはプッシュバックを行います。この際、駐機場または格納庫にある物体またはその他の車両と衝突する可能性があります。

> 詳細

ダウンロード

上へ