板金ハンドリング用の3Dロボットガイダンス

2Dビジョンセンサとレーザを組み合わせることで、3DロボットガイダンスシステムPLRは板金の位置を正確に特定することができます。その後、ロボットは板金を把持して、電動オーバーヘッドコンベアのキャリアの上に配置します。PLRには校正およびロボットとの通信用のソフトウェアツールが装備されているため、製造者のシステムに簡単に統合できます。

  • 以下の製品群を使用することができます
    貨物キャリアでの3Dパーツ位置特定向けのロボットガイダンスシステム
    • 正確で迅速なパーツ位置特定
    • 予め校正済みのスタンドアロン機器
    • 2Dおよび3D測定の組み合わせ
    • ロボットグリッパ用に補正値を算出
    • ウェブサーバベースのユーザインタフェース
    • ロボットとの簡単な統合を可能にするツール
    • 複数の機器の組み合わせ可能