把持時の部品と人物の判別

空圧アセンブリ設備では、幅の異なる3つのバリエーションの部品Aが加工されます。それぞれ一つの部品Aがグリッパでピックアップされ、ベルト上のワークキャリアに載置されます。アナログ位置センサMPS-Gは、把持した部品Aの正確な幅を測定し、測定値をプロセス日付に基づいてIO-Link経由で制御装置に転送します。これにより、その他のプロセスステップを対応する部品バリエーションに合わせてカスタマイズすることができます。

  • 以下の製品群を使用することができます
    グリッパおよび超小型シリンダ用の非常に短いアナログ位置センサ
    • 50 mmまでの測定範囲での位置フィードバック
    • 最大3つのデジタルスイッチング信号がプログラミング可能
    • IO-Link経由で16のスイッチングポイント
    • ダイナミックティーチインによるデジタルスイッチング出力の設定
    • グリッパとシリンダの診断データ
    • 機械の温度と振動に関するデータ
    • センサヘッド位置の検出