装填ユニットでHermes規格を実現

SICKゲートウェイを使用すれば、SMEMAインタフェースを介して装填ユニットをHermesネットワークに組み込むことが可能になります。また、画像ベースのコードリーダまたはRFIDリーダ/ライタを追加すれば、ゲートウェイでボード/マガジンIDを検出して、それをHermesインタフェースを介して転送することも可能になります。それに加えて、このモジュール式でいつでも拡張可能なソリューションでは、IPC-CFX規格を使用して上位の生産システムに垂直統合することもできます。

  • 以下の製品群を使用することができます
    SMEMAプラントの後付けを簡単に実現可能
    • SMEMA信号をHermesメッセージに変換
    • 基板IDとマガジンIDの検出および提供用識別センサの統合が可能
    • 垂直面に関してもユーザ固有に拡張可能
    • MQTT、OPC UA、REST経由の通信
Hermes Standard Image

The Hermes Standard ノンストップ

SMEMAプラントを簡単に拡張可能

もっと詳しく知る

生産ロジスティクスがスマートに

完結する流れ - 生産現場のどの隙間も見逃さない生産ロジスティクス向けセンサソリューション

もっと詳しく知る