お問合せ
フィードバック

建物の安全とセキュリティ

資産保護、情報管理

ソリューション

物品監視

ウィーンの美術史博物館で美術品の安全を守るSICKのLiDARセンサ

トレーラーを見る

敷地境界の防犯

インテリジェントなセンサでさらなる成功を

トレーラーを見る
建物の安全とセキュリティ
物品監視
敷地境界の防犯

ソリューションを選択してください

You will find the right applications here

ヒット件数 1 - 8 / 67

概要

資産保護、情報管理

建物の安全とは、不動産、公共建造物、重要なインフラストラクチャ、産業建造物、個人宅または物的資産を破壊行為、盗難、テロから防護し、侵入または脱走を防ぐことです。警備員による建造物対策および保護には限界があります。固定型、可搬型また移動型でも使用できる、SICKのセキュリティセンサは、これを効果的に補足します+。可変的な応答時間により、集中的に防護、敷地境界の防犯や建物外面の監視から室内および対象物監視に至るまで対応可能です。

トレンド & ニュース

サンクトペテルブルク鉄道博物館の蒸気の中で使用されるS300 Miniセーフティレーザスキャナ

サンクトペテルブルク鉄道博物館では、SICKの2台のセーフティレーザスキャナS300 Miniが現代的なマルチメディア・インスタレーションを防護しています。このように保護された高さ4.5 mのビデオウォールは、約22 mに及ぶ全経路を1 mmの精度で移動します。非常事態が発生した場合、S300 Miniがビデオスクリーンを安全に停止させます。

> 詳細

配送前に商品を安全に保管

アメリカに航空貨物を出荷する企業は、安全な荷主として、航空保安法に基づき、不正アクセスから商品を保護しなければなりません。非認定荷主は商品をレントゲンで撮影する必要があるため、費用と時間が追加されます。盗難や不正操作は、企業に甚大な被害を与える可能性もあります。そうなると供給能力が制限され、顧客との関係も悪化してしまいます。この対策として南バーデン地方の配送センターでは、SICKのセンサ工学を採用しているSiemens社のフェンス・ファサード防護システムを導入しています。

> 詳細

課題

検出 SICKのセンサは、あらゆるタイプのオブジェクトの存在検知を目的として設計されています。建物のセキュリティでは、建物・敷地内への不正侵入を検出するために、人物の検知が最も重要です。様々なアラームシステムを簡単にSICKのセンサに接続することができます。
保護

建物のセキュリティでは、建物、土地、入口の保護だけでなく、人物や貴重品の保護も非常に重要です。SICKのセンサは、建物と土地を侵入や脱走から守ります。

識別 アクセス制御では、SICKの固定式バーコードリーダとRFIDリーダが、高い信頼性でトランスポンダを読み取ります。これにより、アクセス権を有する人物や車両のみが、特定の建物や敷地に入ったり乗り入れたりすることができます。
測定 検出された人物の滞在時間、移動方向、移動速度を特定するためには、2D-LiDARセンサのレーザデータを使用することができます。このデータを使用してカメラを制御することも可能です。このようにして、許可されている人物であるのか、あるいは窃盗グループであるのかを監視モニタで簡単に判別することができます。

ダウンロード

上へ