フィルム終端監視

連続作動を保証し、機械のダウンタイムを最小限に減らすためには、適切なタイミングでのフィルム交換が必要です。超音波センサUM18は、フィルムウェブの送出し時にロール上の材料の高さを測定します。それにより、ロールが空になり、交換が必要となるタイミングが事前に検出されます。

  • 以下の製品群を使用することができます
    簡単な設定、完璧な検知
    • 材料の色、透明度、光沢および外乱光に左右されない確実な測定
    • 最大1,300 mmの検出距離
    • 金属製またはプラスチック製のショートなM18筺体 (長さ42 mm以上)
    • 直線または直角形状
    • 汚れ、埃、湿気および霧への耐性
    • IO-Linkを含む多様なインタフェースオプション