ラック識別

バーコード・スキャナCLV6xxは、エンジンブロックをパレタイジングするラックの識別番号を読み取ります。これにより様々なバッチのトレーサビリティを保証することができます。CLV6xxは、誘導型近接センサIQ40からラック識別の開始信号を受信します。

  • 以下の製品群を使用することができます
    パワフルなスキャナ – 柔軟な使用
    • CAN、Ethernet TCP/IP、PROFINETおよびEtherNet/IP搭載。別のイーサネットゲートウェイは不要 (接続タイプ「Ethernet」の場合)
    • SMART620コード復元
    • 非常にフレキシブルな仕分けおよびフィルタ機能
    • SICKの全製品向けSOPAS、コンフィグレーションツールによる設定
    • 1,200 Hzまでの高いスキャン頻度
    • 小型の筺体
    • 遠隔診断およびネットワーク監視の拡張機能がEthernetを介して使用可能
    • 保護等級IP 65またはIP 69K (タイプによる)
    産業環境での使用を対象とした小さい長方形状
    • 形状: 10 mm x 16 mm x 28 mmまたは12 mm x 26 mm x 40 mm
    • 向上した検出距離: 2 mm~8 mm
    • 電気仕様: DC3/4線式
    • 保護等級: IP 68
    • 温度範囲: –25 °C~+75 °C
    • 頑強なVISTAL®筐体
    • 角度270°のスイッチング状態表示付きの小型形状
    過酷な環境条件における使用向けのコンパクトな長方形状
    • 形状: 40 mm x 40 mm
    • 向上した検出距離: 20 mm~40 mm
    • 電気仕様: DC3/4線式
    • 保護等級: IP 68、IP 69K
    • 温度範囲: –25 °C~+85 °C
    • プラスチック製筐体
    • プッシュロック取付システム
    • センサヘッドを5方向に旋回可能

生産ロジスティクスがスマートに

完結する流れ - 生産現場のどの隙間も見逃さない生産ロジスティクス向けセンサソリューション

もっと詳しく知る