ローラコンベア周辺のアクセス防護

エンジンブロックはローラコンベアで自動パレタイジングまで搬送されます。コンベアベルトへのアクセスは、セーフティ・マルチビーム光電センサM4000によって、人物と材料を区別するためのミューティング機能を使用して確実に防護されます。

  • 以下の製品群を使用することができます
    インテリジェント、効率的: 現地でのミューティング信号の接続
    • タイプ4 (IEC 61496)、SIL3 (IEC 61508)、PL e (EN ISO 13849)
    • 一つの筐体内に投光器/受光器を統合、最大検出距離 7.5 m
    • 外部機器監視 (EDM)、再起動インターロック、アプリケーション診断出力、SDLインタフェース
    • ミューティング: ミューティングスイッチングアンプUE403を併用
    • 7セグメントディスプレイ
    • PCによる設定および診断
    • オプション搭載: インジケータ
    インテリジェント、効率的: 現地でのミューティング信号の接続
    • タイプ4 (IEC 61496)、SIL3 (IEC 61508)、PL e (EN ISO 13849)
    • 3つの取付溝を含む頑強な筺体
    • 長大な検出距離 (最高で70 m)
    • 外部機器監視 (EDM)、再起動インターロック、アプリケーション診断出力、SDLインタフェース
    • ミューティング: ミューティングスイッチングアンプUE403を併用
    • 7セグメントディスプレイ
    • PCによる設定および診断
    • オプション搭載: レーザ光軸調整補助機能、インジケータ