2D-LiDARセンサによるロボットガイダンス

ガントリーロボットは、ローラコンベアに入ってくるエンジンブロックを把持してラックに置きます。エンジンブロックの光沢のある、部分的に尖った表面は、2D-LiDARセンサLMS4000によって測定されます。このテータを基に、ロボット制御は、エンジンブロックの把持位置に移動します。

  • 以下の製品群を使用することができます
    妥協のないレーザ測定 – 精密、迅速かつ確実
    • 高濃色または光沢性の対象物でも精密に測定可能
    • 精密な角度分解能により高い測定点密度を実現
    • 600 Hzでの高速測定とギガビットEthernetによる高速データ伝送
    • 相互干渉なしで機器を同期可能
    • 産業環境に適したM12接続

Robotics image
Robotics image

対等な立場での共同作業

ロボットビジョン、Safe Robotics、アームエンドツーリングまたは位置フィードバックなど、いかなる分野においてもロボットはSICKのセンサにより、さらに正確に知覚できるようになります。
詳細はこちら