お問合せ
フィードバック

空港

航空貨物、受託手荷物、機内ケータリング、そしてあなた自身、当社製品を使えばすべてが正しい場所に到着します。

トレーラーを見る

ロジスティクスがスマートになります

サプライチェーン全体の効率が向上

企業では、可能な限り効率的に対応しなければならないという大きな問題に直面しています。マテリアルフローとイントラロジスティクスプロセスは、どの時点でも最適な形で相互調整されていなければなりません。1か所で問題が生じると、バリューチェーンネットワーク全体だけでなく、結果として競争力にも悪影響が及びます。インテリジェントなセンサ技術とネットワーク化されたシステムは、インダストリー4.0の枠内における効率的なロジスティクスプロセスを実現します。

詳細

Baggage Connection

手荷物追跡向けのレーザ/カメラ/RFID技術

詳細はこちら
空港
ロジスティクスがスマートになります
Baggage Connection

ソリューションを選択してください

You will find the right applications here

概要

航空貨物、受託手荷物、機内ケータリング、そしてあなた自身、当社製品を使えばすべてが正しい場所に到着します。

空港での多くの物流プロセスを円滑に実行するため、SICKのセンサとセンサソリューションが活躍します。飛行機が指定されたパーキング位置に正確に到着し、正しい貨物機の航空貨物用コンテナが正しく乗客に手渡されます。SICKのセンサはすべての動きを高精度かつ高い信頼性で制御および監視します。センサはボーディングブリッジ、地上車両、手荷物と航空貨物のロジスティクス、セキュリティエリアへのアクセス監視システム、建物や敷地およびケータリングエリアの監視システムなど、多くのアプリケーションに組み込まれています。

トレンド & ニュース

エプロンでの注意

飛行機のグランドハンドリング時には毎年数十億ドルにのぼる被害が生じており、保険会社にとっては多額の補償金につながります。このため地上サービス業者は、高い保険料を支払わなければなりません。Lufthansa LEOS GmbHでは、レーザスキャナにおけるSICKの豊富な経験を信頼し、飛行機の牽引時の損害を回避するために、SICKのドライバーアシスタンスシステムAPSをトーイングトラクターで使用しています。LEOSは、フランクフルトとミュンヘンで合計38台のトーイングトラクターを運営しています。各トラクターは一日当たり平均して8~15回牽引またはプッシュバックを行います。この際、駐機場または格納庫にある物体またはその他の車両と衝突する可能性があります。

> 詳細はこちら

完全な手荷物追跡

スーツケースの紛失ほど腹立たしいものはありません。これは航空会社にとって、顧客満足度の低下や継続的なコストの発生を意味します。間もなく施行されるIATA決議753号によりそれが変わります。この決議は手荷物の100%完全に追跡するという非常に高い目標を持ちます。それも経験豊富なパートナーに頼れば安心です。SICKでは、手荷物追跡のための3つの可能なテクノロジー、レーザ・カメラ・RFID技術のすべてをご用意しており、サポートまで一手に提供しています。それによりライフサイクルが非常に長いソリューションが完成します。

> 詳細はこちら

課題

測定

SICKのソリューションは間隔・突出部・形状・体積・重量を確実に測定し、それによりすべてのプロセスを最適化し、最高の信頼性を実現します。センサは、ボーディングブリッジのドッキングをサポートし、荷物のサイズ超過をチェックし、航空貨物の体積を検出し、ULDの輪郭を確認します。

検出

SICKのセンサはあらゆる種類の人や物の存在をチェックするのに最適です。搭乗客の移動方向だけでなく、荷物や貨物の前端・充填レベル・突出を検出することで、プロセスを最高性能で実行できます。SICKはあらゆるタスクに適切なソリューションを提供します。

識別

荷物および貨物のコードを迅速かつ確実に識別することは、自動仕分けと保管の基本要件です。SICKはあらゆるコードタイプに対応するスケーラブルなソリューションを提供しています。これらのソリューションはすべての識別技術 (レーザ、カメラ、RFID) を備えており、アプリケーションの要件に柔軟に適応することができます。

防護

空港は高度な安全要件を満たす必要があります。セキュリティエリアとその外側の間の移行を確実に監視し、空港ビルを効率良く保護する必要があります。また危険エリアを保護して、人の安全を確保し設備可用性を最大限に高めなければなりません。SICKのセンサソリューションはこれらの手助けをします。

ダウンロード

上へ