お問合せ
フィードバック

固定式バーコードリーダ
CLV65x

常時オートフォーカス

利点

  • オートフォーカス機能により、フォーカス切替を行う変種または追加的な光電センサが不要となり低コストを維持
  • インテリジェントなオートセットアップおよび機能ボタンによりコミッショニング時間の短縮
  • microSDメモリーカードを使用した簡単なファームウェア更新: PCは不要
  • 損傷や汚れのあるバーコードや一部隠れているバーコードでも向上したSMARTアルゴリズムによりさらに高い読み取り率
  • データを任意のフォーマットで制御装置に転送できるため、制御装置でのプログラム作業がさらに簡易化
  • 統合されたウェブサーバを経由するため単純な監視や診断クエリのためのソフトウェアは不要

概要

常時オートフォーカス

オートフォーカス搭載の高性能スキャナCLV65xは、0,25 mm~1,0 mmの異なるモジュール幅を有するバーコードを、極めて高い被写界深度で識別します。モジュール幅に応じて、読み取り距離最大1,600 mm、被写界深度最大1,425 mmまでそれぞれ到達可能です。このスキャナは、さらに向上したコード復元技術SMARTによる高い読み取り能力と、プリント状態の悪い、または半分隠れたバーコードや損傷したバーコードでも非常に精密に読み込み・解読できる読み取りアルゴリズムを組み合わせています。製品群全体は非常に柔軟に構築されているため、ほぼ全ての読み取り要件と出力フォーマットにも正確に対応できます。統合されたウェブサーバにより、ソフトウェアを追加することなく読み取り率統計、スキャナ監視データなどの診断データを呼び出すことができます。

Ethernetおよびオートフォーカスシステム搭載の本スキャナは、このクラスでも最も小型であるため、保管・搬送技術での使用に理想的です。さらに振動ミラーのバリエーションも取り揃えています。

概要
  • リアルタイムのオートフォーカス機能による非常に高い被写界深度
  • オートセットアップまたは読み取り品質評価のスタートボタンなど機能ボタンを統合
  • CAN、Ethernet TCP/IP、PROFINETおよびEtherNet/IP搭載。別のイーサネットゲートウェイは不要 (接続タイプ「Ethernet」の場合)
  • 向上したSMARTコード復元技術
  • 非常にフレキシブルな仕分けおよびフィルタ機能
  • ネットワーク監視用の統合されたウェブサーバ
  • SICKの全製品向けSOPAS、コンフィグレーションツールによる設定
  • 統合されたLEDバーグラフ

 

4Dpro - The flexibility you need 

  • Standardized connectivity
  • Common user interface
  • Common set of accessories
Learn more

技術概要

 
  • 技術仕様概要

    技術仕様概要

    フォーカスオートフォーカス
    開口角≤ 50°
    スキャン回数600 Hz ... 1,000 Hz
    コード分解能0.25 mm ... 1 mm
    読み取り距離125 mm ... 1,625 mm
    PROFINET✔ , 外部フィールドバスモジュール経由でのオプション / ✔
    EtherCAT®✔ , 外部フィールドバスモジュール経由でのオプション
    シリアル✔ , RS-232, RS-422, RS-485
    CAN
    CANopen
    PROFIBUS DP✔ , 外部フィールドバスモジュール経由でのオプション
    DeviceNet™✔ , 外部接続モジュール経由でのオプション
    Ethernet✔ , TCP/IP
    EtherNet/IP™
    重量250 g ... 520 g
すべての技術データについては、各製品をご覧ください。

ダウンロード

上へ