お問合せ
フィードバック

固定式バーコードリーダ
CLV61x

確実なデコーディング、簡単な統合

利点

  • あらゆるアプリケーションに適したCLV61xのスキャナバリエーション
  • ベルト上のトートボックス識別のために最適化された読み取りフィールドと直観的な操作のSOPASユーザインタフェースにより、運搬装置に簡単かつ迅速に統合可能
  • コンパクト形状のため狭い空間にも容易に取り付け可能
  • データを任意のフォーマットで制御装置に転送し、制御装置でのプログラム作業をさらに簡易化
  • 固定式バーコードリーダCLV61xはバリエーションに応じて、どのSICK CANセンサネットワークでもマルチプレクサとして使用可能であるため、別のマルチプレクサは不要
  • オプションのパラメータクローニングモジュールとクイックリリース取付ホルダを併用することで、エラー発生時に非常に短い時間で交換することが可能

概要

確実なデコーディング、簡単な統合

製品群CLV61xは、コンパクトで高性能な固定式バーコードリーダから構成されています。それぞれのアプリケーションに最適なソリューションを提供できるように、数種類のバリエーション (CAN、フィールドバス) が用意されています。CLV615フィールドバスバリエーションは、イントラロジスティクスでのニーズ専用に開発されました。ベルトコンベア上のコンテナ識別用に読み取りフィールドが最適化されていることに加えて、直感的に操作可能なSOPASユーザインタフェースが備わっているため、既存の運搬装置に簡単かつ迅速に統合することが可能です。CDF600-2などのオプションのコネクティビティを利用すれば、既存の制御システムへの簡単な統合と、制御環境からの直接設定が可能になります。パラメータクローニングモジュールをオプション装備すれば、エラー発生時であっても迅速なスキャナ交換が可能になり、ノートパソコン/PC経由で再度パラメータ設定する必要がなくなります。

概要
  • 物流でのアプリケーション向けに最適化された読取り領域
  • SICK CANセンサネットワークと共に使用可能
  • SICKの全製品向けSOPAS、コンフィグレーションツールによる設定
  • ほぼすべてのアプリケーションを解決するために、様々なバリエーション (CAN、フィールドバス) で提供
  • 1,000スキャン/秒まで設定可能なスキャン回数
  • コンパクトなデザイン

 

4Dpro - The flexibility you need 

  • Standardized connectivity
  • Common user interface
  • Common set of accessories
Learn more

アプリケーション

ダウンロード

上へ