ネットワーク化された工場における人間とロボットによる共同作業

Mensch-Roboter-Kollaboration in der vernetzten Fabrik
Mensch-Roboter-Kollaboration in der vernetzten Fabrik

Smart Factoryでは、人間とロボットがさらに接近して作業を行います。現代の分業という意味では、SICKのセンサは視覚となって、産業環境におけるタスクをこなすためにロボットの作業をサポートします。人間と機械との間の相互作用を強化する際には、絶対的な信頼性を保証し、極めて柔軟に反応するセーフティソリューションが必要となります。

協力や共生から真のコラボレーションへと発展していかなければなりません。Smart Factoryは、ロボットと人間の密接な相互作用に価値を置いています。このいわゆる共同作業と呼ばれるシナリオでは、ロボットの力、速度、動作経路およびワークピースが、作業員にとっての危険となります。このため、本来の保護措置の使用や追加対策を講じることによって、これらの危険を制限する必要があります。

柔軟な安全性

すでに今日のセーフティセンサは、最新のマシンプロセスに精密にフィットさせることが可能です。インテリジェントなアルゴリズムを採用すると、デジタルスイッチングによる安全技術から、関連人物の動きに応じた連続的な機械応答へとシフトできるようになります。そうすると作業員が接近しても機械の一括停止は誘発されず、作業速度の適切な減速や動作方向の調整が行われるようになります。

Safe Motionの動作

「Safe Motion」とは現在最高の技術です。この技術によって人物の安全が常に保証されるだけでなく、生産を中断する必要もありません。その結果、ダウンタイムや誤ったスイッチオフが最低限に抑えられ、サイクルタイムがさらに短縮されることから、効率性と機械や設備の稼働率が向上します。

人間とロボットによるコラボレーション (HRC) における機能安全

今日、人間と機械がさらに密接かつ安全に作業する場合、最新製造システムの機能安全は、さらなる柔軟性への重要な第一歩となります。人間とロボットが同じ作業空間を共有し、そこで同時に作業を行うという完全なコラボレーションを目指す過程では、共存または連携作業におけるソリュ―ションも実現されます。SICKでは、70年におよぶ経験とノウハウを基礎として、これらの課題を解決するセーフティソリューションの包括的なポートフォリオを展開しています。

ポートフォリオ内のセキュリティ専門知識

多数の危険箇所の同時防護は、ソフトウェアを搭載したプログラミング可能な安全制御装置などで (安全なセンサカスケードの併用も可能) 保証することができます。新世代のセーフティレーザスキャナは、危険エリアや入口および危険箇所を絶対的な信頼性で防護します。高性能のセーフティライトカーテンは、可用性の高い危険箇所防護やエリア防護と全く同じように、追加センサなしのコンパクトなミューティング代替機器として適しています。SICKは、防護装置の稼働率を最大限に活用し、自社製品を使用して機械とシステムの停止状態を最低限に抑えます。

製品の選択

セーフティライトカーテン
未来に向けた安全性
deTec
ロボット向けのセーフティシステム
オープンなアクセスで安全な生産性を実現
Safe Robotics Area Protection
安全制御装置
ソフトウェアプログラミングが可能な安全制御装置
Flexi Soft

ご質問がおありですか?

エキスパートにお問い合わせ

ロボット工学向けのセンサソリューション
Robotics image
ロボット工学向けのセンサソリューション
Robotics image

対等な立場での共同作業

Robot Vision、Safe Robotics、アームエンドツーリングまたは位置フィードバックなど、いかなる分野においてもロボットはSICKのセンサにより、さらに高精度で知覚できるようになります。
詳細はこちら