安全なモバイルプラットフォーム: プロセスのスピードアップ


今日、生産および物流環境はモバイルプラットフォームによって形成されています。ここでは、より優れた柔軟性と効率性が求められます。未来に向けてプロセスを適切に形成したいとお考えであれば、当社にお任せください。当社の拡張可能なモジュール式セーフティソリューションは、屋内外のどちらでもスムーズなプロセスを保証します。   

モバイルプラットフォームは、実際に移動可能であるからこそ有益となります。原則として、衝突やダウンタイムを回避することによって、さらに高い生産性を達成できるということが言えます。当社は、無人搬送車およびカートが、安全かつ自律的に、優れたコスト効率で走行できるよう、頑強なセンサとインテリジェントなソフトウェアを採用してお客様をサポートします。ここで、重要となる要素は、モバイルプラットフォームが移動を続けることができるように、走行速度を状況に応じて調整することです。  

ユーザは、センサによって提供されたデータを位置特定の他にもナビゲーション目的としてに利用できます。これは、モバイルプラットフォームをより効率的に使用できる二次利用です。衝突回避向けのインテリジェントなセンサから、位置特定が統合された完全なセーフティソリューションまで、当社はお客様のパートナーです!


モバイルプラットフォーム分野での当社ソリューション事例をご覧ください

狭いカーブも難なくクリア

Jungheinrich社では、自動化による倉庫での経済性向上をユーザから求められています。イントラロジスティクスのスペシャリストであるJungheinrich社は、SICKのセーフティコンポーネントを使用して、自社製品を次々と無人搬送車 (AGV) に変身させています。両社の共同プロジェクトでは、「共同で搬送能力を向上」のモットーのもとで、特に小回りの利く電動高揚程ハンドリフトが開発されました。

Jungheinrich社がハンドリフトを自動化: カーブに強く安全で搬送能力が向上 

自動ワークフローでインダストリ4.0に確実に移行

「コンベヤを用いた運搬装置と比較して、コスト大幅に削減され、生産の柔軟性大幅に向上します。同時に作業員が価値創造とは無縁な労働から解放され、その仕事の多くが無人搬送車に引き継がれることから、早期の投資回収が可能になります。」

ダン・エヴァンス、英国MasterMover Ltd社の研究部長 

MasterMoverの重量物輸送の自動化のためのSafe EFI-pro System

革新的な社内物流: BMWはSICKの開発によるナビゲーションセンサとセーフティセンサを搭載したAutoBoxのパイロットテストを実施中

パイロットプロジェクト「AutoBox」は、現在BMWグループの様々な拠点で使用されている一連の自律搬送システムの1つです。SICKが、いかに複雑な庫内商品フローを効率的に形成しているかをご覧ください。

BMWにおける自律搬送プラットフォームの防護

 

建物内を自分で移動するロボットのバトラー

この搬送用モバイルロボットMiR100は、作業プロセスを最適化して作業員資源に余裕をもたらすことから、生産性の向上とコスト削減につながります。
「当社にとってSICKは、安全要件における非常に重要なパートナーです。」

デンマーク Mobile Industrial Robots CTO ニルス・ユル・ヤコブセン氏

Mobile Industrial Robots社の効率的な輸送・ロジスティクスソリューション

 

インテリジェントなセンサがパーキングロボットを自律的に制御

デュッセルドルフの空港では、パーキングロボット「レイ (Ray)」により、大幅に時間を節約しています。同時にSICKのセンサソリューションは、自律パーキングロボットの安全で柔軟な動作を保証します。

serva transport systems社による未来のパーキング

 


モバイルプラットフォームのテーマに関する追加情報

安全な屋外自動化の新しい可能性を見つけてください:

Outdoor Safety: 限界を超える

産業用車両向けのソリューション:

インテリジェントなセンサで移動性を向上

機械およびプラントの安全な制御に関する追加情報:

Safe Motion Control: 中断のない安全なプロセス

ご質問がおありですか?

当社エキスパートにお任せください