お問合せ
フィードバック

充填レベルセンサ
LFP Cubic

プローブ先端まで柔軟

利点

  • 頑強な設計により耐用年数が向上
  • 短縮・交換可能なロッドプローブまたはローププローブによる高い柔軟性
  • 複数の出力信号によるコスト節減: 一つのシステムでポイントレベル測定と連続レベル測定に対応
  • 簡単なコミッショニングと校正が不要なメンテナンスフリーにより、時間とコストを節約
  • チタン製のプロセス接続により高い耐薬品性を提供
  • コンパクトで回転可能な筐体およびリモートエレクトロニクスにより、設置がフレキシブル
  • 複数のセンサが隣接して取り付けられた場合にも、機器が相互干渉しないため、高い可用性
  • 調整不要な測定が可能なユニバーサルな技術により、時間とコストを節約

概要

プローブ先端まで柔軟

LFP Cubicは、電磁波の時間を測定する方法であるTDR技術を利用した、液体用レベルセンサです。送信されたパルスと反射されたパルスとの時間差から、レベル信号が生成されます。これをセンサが連続した測定値として出力(アナログ値)し、また追加で自由に配置可能なスイッチングポイント(スイッチング出力)をそこから導き出すことができます。LFP Cubicはほぼすべての液体で使用することができます。モジュール式のプローブ設計により、センサはあらゆるアプリケーションに素早く統合が可能です。本センサは堆積物を形成する液体や発泡性の液体にも使用することができます。センサの調整は4個のボタンとディスプレイを使って直観的に行うため、簡単かつ迅速に測定内容に対応することができます。リモートエレクトロニクス、IO-Linkインタフェース、およびチタン製プロセス接続付きバージョンは、多目的な使用のための追加機能となります。

概要
  • 液体用充填レベルセンサ
  • 機械的な可動部品なし
  • 交換・短縮可能なロッドプローブ200 mm~2,000 mm、ローププローブ最大4,000 mm
  • 付着物形成に耐性
  • プロセス温度最大100 ℃、プロセス圧最大10 bar
  • スリーインワン: ディスプレイ、アナログ出力 (NAMUR NE 43準拠) およびバイナリ出力のコンビネーション
  • 高い保護等級IP 67、回転可能な筐体およびリモートエレクトロニクス
  • IO-Link 1.1

 

Smart Fluid Power
Smart Fluid Power

油圧および空圧装置向けのセンサソリューション

SICKのFluid Powerセンサは、数多くの空圧および油圧アプリケーションにおいてインテリジェントで柔軟かつ信頼性の高い測定を保証します。

詳細はこちら

アプリケーション

技術概要

 
  • 技術仕様概要

    技術仕様概要

    測定原理TDRセンサ
    検出原理接触型
    媒体液体
    測定法ポイントレベル, 連続
    プロセス温度–20 °C ... +100 °C
    プロセス圧–1 bar ... 10 bar
    出力信号1 x PNP + 1 x PNP/NPN + 4 mA ... 20 mA / 0 V ... 10 V / 1 x PNP + 3 x PNP/NPN + 4 mA ... 20 mA / 0 V ... 10 V
すべての技術データについては、各製品をご覧ください。

ダウンロード

上へ