お問合せ
フィードバック

重量分析法での粉塵測定装置

簡単な組立て、正確な測定

重量分析法による粉塵測定装置は、事前に定義された条件で管から一部のガス流を採取し、粉塵粒子をフィルタで分離します。フィルタの重さを量ることで粉塵量が出されます。吸引した体積を差圧測定で特定します。両方の値から管内の粉塵濃度が高精度で算出されます。重量分析法による粉塵測定は、とりわけ別の粉塵測定装置の校正や、管轄当局が要求する比較測定に適しています。

1 ヒット数:

製品群 SHC500 Gravimat
重量分析法による粉塵濃度特定のための移動式測定システム
  • 最適化されたサンプリングシステムによりほぼ粉塵損失なし
  • 自動データ取得およびシステム制御
  • リアルタイムの等速性制御
  • 自動測定値保存および評価
  • 自動流れ角測定および渦効果検出
  • この製品群は間もなく販売終了となります!
  • 選択
上へ